ライオンブリッジは、コンテンツ統合ソフトウェア プロバイダーの Clay Tablet Technologies の買収を発表

2014 年 10 月 13 日 -

市場をリードするライオンブリッジの翻訳サービスと Clay Tablet の確立されたテクノロジー プラットフォームの統合により、すべてのエンド マーケットでスムーズで一貫したグローバル デジタル エクスペリエンスが可能に

マサチューセッツ州、ウォルサム – 2014 年 10 月 9 日 – Lionbridge Technologies, Inc. (Nasdaq: LIOX) は、Clay Tablet Technologies の買収を発表しました。同社はカナダのトロントに本社を置く、コンテンツ管理システムと翻訳プロセスおよびテクノロジーを接続する統合ソフトウェアのプロバイダーです。

ライオンブリッジは、5 年間にわたり Clay Tablet と提携して、翻訳プロセスとテクノロジーを Adobe、Sitecore、Microsoft などのパートナーのコンテンツ システムとリンクするコネクターを提供してきました。Clay Tablet の買収により、ライオンブリッジは、サービスとテクノロジーの完全なポートフォリオの提供が可能になります。この結果、お客様は Web、メール、ソーシャル メディア プラットフォームなど、あらゆるチャネルにまたがるグローバルなデジタル カスタマー エクスペリエンスをシームレスに作成、管理、最適化することができます。

「Web コンテンツとクラウド アーキテクチャの急激な拡散に伴い、コンテンツとコミュニケーションは言語およびチャネル全体で絶えず更新が必要になっています。この世界規模のリアルタイム エンゲージメントには、実績のあるグローナル コネクティビティ ソフトウェアと市場をリードする翻訳プロセスの両方が必要です。」とライオンブリッジの CEO、ローリー コーワンは語ります。「私たちは、Clay Tablet の市場をリードするコネクターと Web コンテンツ プラットフォーム テクノロジーを構築して、コンテンツ システムおよび垂直市場にまたがるグローバルなデジタル マーケティング提案を拡大する予定です。」

Clay Tablet のコネクティビティ プラットフォームと CMS コネクターは、最も広く用いられており、定評あるグローバル Web コンテンツ ソリューションが使用可能です。Clay Tablet のクライアントには、Clay Tablet プラットフォームを利用してコンテンツ システムと翻訳プロセスを 1 つのシームレスなフローで安全かつ信頼できる多言語コンテンツ配信を実現している、業界全体にわたるグローバルなブランド リーダーが含まれています。

「当社の開発専任の専門家のチームが、世界をリードするグローバルな Web コンテンツ コネクティビティ ソリューションを構築しました。翻訳のグローバル リーダーと協力することで、当社は市場でのリーダーシップを拡大し、統合された全世界のお客様に新しい価値を提供します。」と Clay Tablet Technologies の CEO、ロビンソン ケリーは語ります。「当社は、ライオンブリッジのチームと提携して、クライアントが世界中のあらゆるデジタル チャネルにわたり、いつでも、どのような言語でも、顧客に対応できるようにするという、両社が共有するビジョンを推進することを楽しみにしています。」

ライオンブリッジは、最小買収コストおよび統合コストを含め、買収が 2014 年度の収益には影響を及ぼすことなく、2015 年度の収益はゆるやかな増加すると考えています。

Clay Tablet について
Clay Tablet のユニークな統合ソフトウェアにより、いくつものコンテンツ管理システムを翻訳プロバイダーやテクノロジーと結び合わせることができます。クライアントは、Clay Tablet により翻訳プロセスの効率をすぐに高めることができます。翻訳プロジェクトの立ち上げ、管理、配信、受け取りなどにかかる時間と手間が大幅に減ります。カナダのトロントにある Clay Tablet Technologies は、コンテンツ管理や翻訳テクノロジーのベンダーや翻訳サービス プロバイダーと手を組んでおり、世界的なチャネルにまたがるパートナー ネットワークを持っています。詳細はこちらのサイト www.Clay-Tablet.com をご覧ください。

会社概要
ライオンブリッジは 800 以上の世界をリードするブランドに対し、国際マーケット シェアの拡大、生産性の向上、世界各地のローカル マーケットでの効果的な顧客獲得をサポートしています。独自のクラウド テクノロジー プラットフォームと 100,000 人以上のグローバルなクラウドの専門家を活用することにより、翻訳、オンライン マーケティング、コンテンツ管理、アプリケーション テスティング ソリューションを提供します。また、それらが世界的に一貫しながら地域と顧客のライフスタイルに適応したものにするお手伝いもします。マサチューセッツ州ウォルサムに本社を置くライオンブリッジは 26 か国にソリューションセンターを持っています。詳しくは、http://www.lionbridge.com をご覧ください。

将来予想に関する記述
このプレス リリースには、2014 年から 2015 年に行われた Clay Tablet の買収に関連する増価、収益、利益の予測など、リスクおよび不確実性を含む将来予想に関する記述が含まれています。ライオンブリッジの実際の体験、活動、財務および事業運営の結果は、将来予想に関する記述で示されたものと著しく異なる場合があります。このような違いをもたらす要素には、期限満了前の顧客契約の終了、統合費用、収益を生み出すクライアントの製品リリースおよび生産スケジュールへのライオンブリッジの依存、主要クライアントまたは顧客の喪失、主要クライアントからの収益の規模、タイミング、承認、顧客によるサービスの遅延または延期、拡大、移行、統合の管理に関連するリスク、急速に変化するクライアントの要求への対応の失敗、主要社員を引き付け、保持するライオンブリッジの能力、Clay Tablet の買収および統合に関連し、間接的に発生するコストおよび買収によって得られるメリット、競合および競合価格設定圧力に関連するリスク、収益および事業運営の結果を予測するライオンブリッジの能力が含まれます。ライオンブリッジに関連するリスクの詳細な解説については、年度末の 2013 年 12 月31 日付け、フォーム 10-K に関する会社の年次報告およびその後 SEC に提出された申請書 (コピーが SEC の Web サイト http://www.sec.gov に掲載されています) を参照してください。

お問い合わせ先:
サラ ブダ - ライオンブリッジ
sara.buda@lionbridge.com
(781) 434-6190