投資ファンド: ライオンブリッジの投資関連翻訳サービス

投資ファンド業界のクライアントやステークホルダーとのコミュニケーションでは、正確性、確実性、規制の順守が不可欠です。さらに、さまざまなチャネル、デバイス、地域にわたり質の高いコミュニケーションが求められます。

投資ファンド向け翻訳サービス

ライオンブリッジは、ファンド レポートやマーケティング資料のドキュメント作成、編集、翻訳を長年手がけてきた言語のプロフェッショナルたちを擁しています。専門知識豊富なチームが、以下のような多様なプロジェクトをサポートいたします。

  • UCITS の主要投資家情報文書 (KIID) やパッケージ型投資商品 (PRIIP) の重要情報文書 (KID)
  • デジタル コンテンツ
  • 業績報告
  • カタログ、プレゼンテーション資料、販売後の資料
  • 内部向け、外部向けの出版物に掲載する記事
  • ファンドの設立趣意書
  • 財務諸表
  • ステークホルダーへの案内、定款

ライオンブリッジの豊富な経験と専門知識により、あらゆる種類の資料において質の高い言語サービス、データ セキュリティを実現します。