ライオンブリッジによる製造業向け翻訳サービス

急速なデジタル化の波が製造業を取り巻く環境を変化させています。競争力のある組織であるためには、イノベーションを促進しつつも、コスト削減と効率化を追求する必要があります。デジタル化へのグローバル規模の変化に対応して最適化を図るには、翻訳やテクニカル ライティング、エンジニアリング サポート業務をアウトソースし、重要な戦略に注力することです。

デジタル化に向けた基盤を構築

インダストリー 4.0 とは、いわば製造業に起きている新たな産業革命です。ビッグデータから人とのつながりまで、技術の進歩は急速な産業の変革を促進してきました。

このような新しい環境では、機械を新しくしたからといって変革を起こせるわけではありません。変革はむしろ、技術革新による生産性の向上によって実現します。

デジタル化はもはやイノベーションではなく、競争力を維持するために必要不可欠な要素です。

効率性を追求して新しい価値を生み出す 

グローバル マーケットで競争力と収益性を維持するには、コストを削減して効率性を高める方法を見つける必要があります。それと同時に、イノベーションへの柔軟なアプローチも必要です。そこで、スピード、オペレーションの規模、グローバルな専門知識が要求されます。

ライオンブリッジの言語、技術、グローバル マーケティングのソリューションは、お客様のキャパシティを補完する役割を果たします。翻訳、技術文書の作成およびエンジニアリング サポート業務をアウトソースして、デジタル変革をグローバル規模で促進することに注力しましょう。

ライオンブリッジの製造業向けソリューションには以下の特長があります。

ライオンブリッジのリーン シックス シグマ メソッドでは、生産性とコスト効率性を高めることができます。当社の専門技術は、ISO、ANSI、SAE、MIL-SPEC、MIL-STD など、業界の認証を取得しており、信頼性の高さが特長です。

お客様の課題を理解し、世界有数のテクノロジー企業から信頼されるパートナーとして、ライオンブリッジはイノベーションを熟知しています。

ライオンブリッジは、お客様と協働し、グローバルなデジタル変革のフレームワークの最適化を実現します。