臨床試験が年々複雑さを増しています。開始前の打ち合わせから被験者の募集、最終文書の作成まで、すべてのプロセスで極めて厳しい要求が課せられます。しかしライオンブリッジと協業すれば、言語と文化を超えたグローバルな環境で臨床管理を簡素化できます。

臨床試験に特化した正確な翻訳

臨床文書の翻訳は、単に言葉を置き換えればいいというものではありません。ある一定レベルの厳密さと経験が要求されます。患者と研究者が使用する言語を理解するだけでなく、試験の厳しい技術要件を満たす必要があります。

Lionbridge Life Science が臨床試験のライフサイクル全体をサポート

  • 試験開始前の準備: この段階では、各国の規制当局から、自国で実施される試験の承認を受ける必要があります。また、適切に準備され承認を得た試験施設を使用する必要があります。CRO (医薬品開発業務受託機関) との迅速かつ慎重な連携は不可欠です。Lionbridge Life Science のプロジェクト マネージャーと協働すれば、スピーディーで正確なターンアラウンドが保証されます。試験開始前の段階では、すべての文書とスケジュールを積極的に管理、追跡します。
  • 被験者の募集: 被験者の安全に関しては多くの規制があります。そのため、原文の文書だけでなく、試験前と試験中に被験者に渡される翻訳文書は、より厳しい審査を受けます。当社では医療と法律の両分野で専門性の高いリソースを持ち、翻訳と、ご要望に応じて訳し戻し (バックトランスレーション) をすばやく行うため、最終決定と治験審査委員会 (IRB) による認可までの時間を最大限短縮できます。
  • 緊急を要する文書: 有害事象や評価項目に関する文書の翻訳は絶対条件です。しかしそのターンアラウンドタイムは極めて短く、言語的なミスは許されません。当社の専門的なワークフローに従い、経験豊富なリソースを採用すれば、文書を迅速かつ正確に作成できます。

Lionbridge Life Science では、免許を持つ医師や臨床医など、対象分野に特化した言語リソースのみを採用しています。そのため、経験の浅い一般的な医療翻訳者にありがちな翻訳上の問題が起こることがありません。

ライオンブリッジでは 10,000 人以上のリソースを活用し、240 以上の言語に対応しています。ターンアラウンドや高水準の KPI をクリアしながら、新規顧客からの取引量を 1 年で 10 倍に拡大できるキャパシティがあります。

さらに、当社は臨床プログラムに特化した専門のプロジェクト マネージャーと製作チームを構築できます。ライオンブリッジ ライフ サイエンスを利用して臨床試験関連の文書の翻訳を実施すれば、当社の能力を最初から最後までフルに活用することができます。