ライオンブリッジによる言語品質保証サービス

複数のグローバル マーケットで大きな効果を発揮するコンテンツを作成することは容易ではありません。利用した翻訳プロバイダーの作業が適切でなかったり、プロセスが非効率的であったりすることもあります。

言語の品質と正確さを確保

グローバル マーケット向けのコンテンツの翻訳とローカリゼーションは簡単ではありません。また、その工程や品質が適切かどうかを判断しづらい場合があります。そのため、翻訳の品質とプロセスの両方を第三者に評価してもらうことは有効な手段と言えます。

評価の結果、言語の品質が期待より低かったり、プロセスの効率向上が必要であることが判明するかもしれません。最終的に、公平な立場から作業を評価されることで翻訳の品質が向上し、収益の増加につながる可能性があります。

ライオンブリッジの Language Quality Services は、ローカライズ済みコンテンツの品質を評価する、言語サービスの独立監査組織です。ライオンブリッジからは独立して機能するため、お客様の翻訳/ローカリゼーション プロバイダーの作業について公平な助言と分析を提供できます。

グローバルなオペレーション モデル、柔軟なテクノロジー手法、言語と文化に関する豊富な専門知識により、お客様の翻訳を入念にチェックします。

さらに、次のような特長があります。

  • ブラジル、中国、フランス、インド、アイルランド、ポーランドのデリバリー拠点
  • 100 を超える言語を定期的に検証
  • 500 名を超える国内の検証担当者
  • 300 名を超える専門家
  • あらゆる言語関連テクノロジーとの統合