ライオンブリッジによるソフトウェア翻訳およびローカリゼーション サービス

複数のグローバル マーケットでソフトウェアを売り出すには、さまざまな技術的および機能的要件の理解から、実際の翻訳、ビルド、テストのプロセスまで、数多くの困難が伴います。

複数の市場向けにソフトウェアをローカライズしてリリース

ソフトウェア ローカリゼーション プロセスでは、ソフトウェア内のテキストを他の言語に変える人材の雇用以外にも、さまざまな作業が必要です。他の文化で何が通用して、何が通用しないかを理解しているパートナーが必要です。また、関連する技術的要件を理解しているパートナーも必要です。

このパートナーは、お客様が提供するすべてのファイル形式の処理を経験しており、翻訳すべきではないソース要素を保護する方法を知っている必要があります。なぜなら、問題のあるファイルが納品されないようにしなければならないからです。

最後に、すべてが正しく機能することを確認するテストを行ってやっと、ソフトウェアが無事にリリースされます。

ソフトウェア ローカリゼーション作業を簡素化

ライオンブリッジでは、言語や技術の豊富な専門知識を活かしてソフトウェア ローカリゼーション サービスを提供しています。ライオンブリッジの見識や最適化されたプロセスは、時間とコストを節約し、再作業を回避するために不可欠です。

お客様のコンテンツをターゲットの言語と文化に適応させる作業において、エンドユーザーのシナリオを詳細に調査して理解し、コンテンツだけでなく、次のすべての要素にわたってコンテキストにも留意しています。

  • グラフィックス
  • デザイン/レイアウト
  • 書式設定
  • 機能
  • 機能の拡張および削減
  • 文化的な妥当性と適合性

また、英語版とローカライズ版製品の同時出荷 (sim-ship) の実現をサポートしています。

ライオンブリッジは、貴社の経験豊富なパートナーとして、最善なプロセスとターゲット市場の知識を提供します。翻訳ソリューションの開発に連携して取り組んでいるため、貴社のソフトウェアは別の市場でもさらに効果を発揮できます。ソフトウェアがどこで使用されようとも、ユーザーと強く結びつくことができるようになります。