ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
経営陣
ニュース
実績

言語を選択する:

ビデオ ゲーム ローカリゼーションのマトリックスにようこそ: タドール デリールへの Q&A

ビデオ ゲーム制作の短納期化と複雑化が進む中、ローカリゼーション プロバイダーはその変化に対応できるのか?

ゲーム業界では、ビデオ ゲームのローカリゼーションとオーディオ制作のプロセスにおいて特殊なアプローチが求められています。今回は、複雑なゲーム開発プロセスにローカリゼーションとオーディオ制作がどのように対応しているのかを、ライオンブリッジ ゲーミング部門のマネージング ディレクター、タドール デリールがインタビュー形式でお答えします。メキシコから台湾まで世界中に拠点を置くライオンブリッジは、広範囲を対象とする優れたゲーム ローカリゼーションおよびオーディオ制作サービスを提供し、ゲーム業界のお客様のニーズに対応しています。

ゲーム ローカリゼーションの詳細についてはこちらからご確認ください。

ビデオ ゲーム ローカリゼーションとはどのようなものですか?


ビデオ ゲームのローカリゼーションは、翻訳プロセスとクリエイティブ エンターテインメント プロセスをブレンドしたものと言えます。ゲーム デザイナーは作品の世界を構築するにあたって、プロット、キャラクター、会話を含めたストーリー構造を組み立てます。ローカリゼーションでは、ビデオ ゲームの中で交わされる会話も、あらゆる対象のオーディエンスから見て自然なもの、真実味があるものでなくてはなりません。

ライオンブリッジ ゲーミング部門の役割は、ゲームのファンタジー世界をできるだけしっかり支えられるストーリーを作り上げることです。そのプロセスはいくつもの段階を経て進められます。最初の段階では、ライオンブリッジ ゲーミング部門のオーディオ チームが、世界各地にある当社スタジオでのボイス オーバーのローカリゼーションに必要なアーティスティックな人材を募ります。このクリエイティブ チームがローカリゼーション・翻訳チームと密接に協力して、プロフェッショナル レベルの設備を備えた当社スタジオにてゲーム スクリプトのレコーディング・吹き替えを行い、プレイヤーを魅了するゲーム体験を実現します。

ライオンブリッジとその顧客にとって「24 時間体制のローカリゼーション」が意味するものは何ですか?


私たちは、グローバルなお客様のニーズにいつでも対応できるよう、世界に広がる当社の拠点を活用することで、常に 24 時間体制を取っています。今日のビデオ ゲーム市場においては、当社のお客様である多くのゲーム会社が、新しいコンテンツや機能、新しいストーリーラインを休みなく投入しています。このような要素をすべて確実に翻訳、ローカライズして全世界のプレイヤーにお届けすることが当社の使命であり、必要に応じて 35 もの市場に 24 時間以内に配信できることを誇りとしています。納期が厳しい案件が多いため、当社では、世界各地のスタジオを結ぶゲーム ローカリゼーション ネットワークと、それを支える最先端のプロジェクト管理、言語処理、オーディオ管理インフラを十分に活用し、いつでも迅速に対応できるよう体制を整えています。このようなしっかりとした体制で、あらゆる地域の市場にも対応し、昼夜を問わず、お客様のゲーム配信戦略を支援します。

ゲーム ローカリゼーション市場において、ライオンブリッジ ゲーミング部門を際立たせる強みとは何ですか?


要因は 3 つあります。第 1 に人材、第 2 にスケール。そして第 3 に、大規模なフランチャイズや言語テクノロジー スタックに関する豊富な経験と実績を挙げることができます。

#1: 人材


私たちの「ファミリー」には 2,000 名を超えるゲーマーがおり、お客様のために良質なゲームをデザインすべく、世界中で協力して作業を行っています。最新のインディーズ リリースや最先端の MOBA (マルチプレイヤー オンライン バトル アリーナ) から、息の長いクラシック ゲームまで、あらゆるゲームのテスティングに携わるテスター チームです。彼ら・彼女らは単に仕事をこなすのではなく、本当にゲームが好きで、すべての海外市場でゲームの可能性がフルに発揮されるようになるまで納得しない人々です。こういった仕事観はお金で買えるものではありません。作り上げることでしか得られないものです。

#2: スケール - 数字が実力を物語る



  • 26 か国
  • 50 か所のスタジオ、ラボ
  • 60 以上の対応言語
  • 2,000 名以上の「ライオン」たちが世界各地でゲーム開発に打ち込む



世界のゲーム市場がますます複雑化し、いっそう多くのビデオ ゲーム開発元や配信元が継続的なリリース サイクルを採用して対応言語を増やす中で、ライオンブリッジのスケール (つまり規模に対応する能力) がその価値を高めています。

#3: 言語テクノロジーとプロジェクト管理ワークフローに関する豊かな経験


ゲームの翻訳とローカリゼーションは、ビジネスの厳しい現実にどっぷりと浸かったクリエイティブ プロセスであると言えます。速さ、出来映え、効率性が要求されるため、言語テクノロジーとワークフローに関する経験と実績が重要になります。当社には、テクノロジー スタックを新たに導入・展開することも、既存の商用プラットフォームとスムーズに連携させることもできる知識と実績があります。また、お客様のアーティスティックな構想をテクノロジー ツールで現実化することもできます。以上の特長をすべて合わせた実力が、当社が抜きん出た存在となる理由です。

ゲーム開発の流れの中で、ローカリゼーションはどのように位置付けられているのですか?


とりわけ優れた業績を上げているゲーム会社は、ゲーム開発プロセスに着手する時点でローカリゼーションと翻訳を検討し、早い段階からライオンブリッジと連携して作業を始めています。こうすることで、当社のエンドツーエンドのバリュー チェーンを最大限活用し、物語のデザインから、ローカリゼーション、オーディオ制作、機能上の品質保証、さらにはコミュニティ管理まで、すべての段階において全力で取り組むことができるのです。プロセスの早期段階から当社のサービスをご利用いただいているお客様は、当社のゲーム ローカリゼーション ネットワークと長年蓄積してきた知識から多大なメリットを得ています。

ライオンブリッジの立場から、ゲーム制作の将来における展望をどのように認識していますか?


大まかな傾向として、第 1 に市場投入の短期化、第 2 に市場参入の大規模化、そして第 3 にアジア市場のさらなる拡大が進んでいると考えています。

まず、第 1 と第 2 の傾向ですが、ゲーム ローカリゼーションの世界では、俊敏性と自動化を追求する動きが同時進行しています。より多くのゲーマーが、より多くの市場で、より迅速なコンテンツ提供を求めるようになり、ゲーム制作のマトリックスは今まで以上に複雑化します。これに伴って、ローカリゼーション サービスの提供も非常に困難になります。この状況への対応のカギは、革新的なテクノロジーとセキュアなインフラです。ローカリゼーション プロセス全体のテクノロジーを統合してより合理化することで、お客様の目標達成をサポートするのです。実際、すでに複数のお客様が当社の優れたテクノロジー スタックを活用した最先端のゲーム テスティング ソリューションを導入しています。このテクノロジー スタックを実装するには大規模でセキュアなインフラ整備が必要ですが、ライオンブリッジなら、世界各地のオフィスやスタジオを活用することでさまざまな地域や顧客基盤のニーズに対応できます。

次に第 3 の傾向、アジア市場の急激な拡大について。アジアはゲーマー数において世界ナンバーワンであり、多くのゲーム配信元とビデオ ゲーム開発元が、膨大な市場のシェアを獲得すべくビジネスを展開しています。このアジア市場の需要における傾向を受けて、当社もこれらの課題の解決に動き出しました。具体的には、アジア諸言語のコンテンツを米国や欧州の市場向けにローカライズするプロセスを立ち上げているほか、異なるアジア言語間での翻訳とローカライズも重要性が高まっているため、アジア圏内のネットワークでその取り組みも進めています。当社はすでにタイ、韓国、中国、台湾、日本、シンガポール、インドにオフィス拠点を持ち、それぞれの地域でオペレーションを行っています。その他の中間的な言語については、効率の観点から、必要に応じて原文をそのまま活用してそれぞれのニーズに対応しています。

結論


ライオンブリッジでは、ゲームのローカリゼーションとオーディオ制作に特化した一連のサービスをビデオ ゲーム業界のお客様向けに提供しています。第 1 に、当社は翻訳とローカリゼーション業界のリーダー企業として、豊富な実績、膨大な数のリソース、そして優れたテクノロジーを兼ね揃えています。第 2 に、当社は世界規模でオーディオ インフラの拡充を精力的に進めています。ライオンブリッジのお客様が世界中に展開している状況を踏まえ、さらに当社のアーティスティック チームによる成果物の品質を最大限に追求するために、当社では世界各地にスタジオやラボをさらに新設しています。以上の特長をすべて総合した実力が、ゲーム ローカリゼーションにおけるライオンブリッジの強さの理由なのです。

新たな冒険に乗り出す準備ができたら、ライオンブリッジまでお問い合わせください。

linkedin sharing button
  • #blog_posts
  • #gaming

#インターナショナリゼーション #ゲーム #ローカリゼーション #対象ユーザー #翻訳


Sophia Eakins
AUTHOR
Sophia Eakins