ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
経営陣
ニュース
実績

言語を選択する:

ライオンブリッジはトニー ストゥーパス氏を新しい CTO として採用

ライオンブリッジは Moody’s の元役員を CTO として指名

米国マサチューセッツ州ウォルサム – 2019 年 11 月 25 日 – ローカリゼーションとデータ トレーニングのグローバル リーダーであるライオンブリッジは本日、Moody’s の元役員であるトニー ストゥーパス氏を最高技術責任者 (CTO) として迎えたことを発表しました。ストゥーパス氏は、グローバルなテクノロジー、開発、情報セキュリティを監督します。

ライオンブリッジの最高経営責任者であるジョン フェネリーは次のように述べています。「テクノロジーは、当社全体の変革を実現するための重要な要素です。当社は、カスタマー エクスペリエンスを強化する使いやすいツールをお客様とコミュニティに提供し続ける必要があります。そのため、トニー氏をチームに迎え入れることができ、非常に嬉しく思っています」。

ストゥーパス氏は、Moody’s では最高情報責任者を務め、同社のグローバルなテクノロジー変革を指揮していました。また、UBS と Mellon Financial Corporation でも役職に就いていました。ストゥーパス氏は現在、.406 Ventures、Evanta など、世界をリードするテクノロジー企業の諮問委員会のメンバーです。

ライオンブリッジについて

ライオンブリッジはさまざまな企業と提携して、障壁を打ち破り、世界中に架け橋を築いています。ライオンブリッジは 20 年以上にわたり、350 を超える言語でローカリゼーションおよびトレーニング データ サービスを提供して、お客様の企業が世界中の顧客とつながるための支援をしてきました。ワールドクラスのプラットフォームを通じて、当社は 5,000 を超える都市において 1,000,000 人もの専門家のネットワークを構築し、さまざまな企業と提携して文化的に豊かなエクスペリエンスを生み出しています。言語に携わる者として、ライオンブリッジは最高の人材とマシン インテリジェンスを活用して、お客様の顧客にメッセージをお届けします。米国マサチューセッツ州ウォルサムに本社を置くライオンブリッジは、世界 26 か国にソリューション センターを設けています。詳しくは、www.lionbridge.com/ja/ をご覧ください。

メディア関係者様からのお問い合わせ先:

テレナ ベル
mediainquiries@lionbridge.com
+1-781-434-6000

  • #press_releases