ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
経営陣
ニュース
実績

言語を選択する:

法律文書の翻訳サービス - 法律事務所が必要とするのはどのような場合でしょうか?

法律家にとって、言葉がすべて

法律事務所では、どのような場面で言語に接しているのでしょうか?

 

宣誓供述や法廷の場では、クライアントや相手方弁護士と会話を通じて直接やり取りします。準備書面、ディスカバリ文書、裁判所提出書類など、書面を通じてやり取りを行います。1 日の業務の中でクライアントに請求する時間のうち、言語を伴わない瞬間はおそらくないのではないでしょうか。

クライアントや相手方当事者が別の言語を母国語とする場合、こうしたコミュニケーションの管理は一層難しくなります。法律事務所において、法律文書の翻訳サービスを利用する必要が生じるのはどのような場面でしょうか? この疑問に当社がお答えします。

 

法律文書の翻訳サービスとは


法曹界を支える翻訳サービスは幅広く存在します。サービスの種類としては、法律文書翻訳、認定翻訳、法務通訳、オンサイト派遣、e ディスカバリ サポート、文書制作、書き起こし、法務関連のローカリゼーションなどさまざまなものがあります。ライオンブリッジ所属の法務翻訳の専門家が、複雑な法律文書を取り扱う作業において、お客様のパートナーとして必要なサポートを提供いたします。

 

 

外国語での e ディスカバリ


電子ディスカバリ (いわゆる e ディスカバリ) は、訴訟や捜査の際に証拠として採用される、または採用される可能性のある情報をレビューするプロセスを指します。これは法律事務所にとって欠かすことのできない業務です。専門分野がどのようなものであれ、今やレビュー対象文書の大半はデジタル化されています。ディスカバリ プロセスの過程で、パソコンで生成された不動産文書からセキュリティ保護された E メールまで、あらゆる種類の電子記録をソーシングし、作成する必要があります。

 

さらに、どのような言語であっても、レビューを行い、処理できなければなりません。

英語圏のクライアントのみと取引がある場合であっても、クライアントが他の言語を話す人々とやり取りしているかもしれません。入手した証拠物件の内容を把握するには、多言語の e ディスカバリ コンテンツを翻訳する必要があります。

それには、経験豊富な法務翻訳サービスが必要です。

 

文書制作


裁判所に提出する書類や証拠の正確性は、クライアントの未来を左右しかねない重要な問題です。これまで、翻訳のあり方や是非に関する主張や争いにどれほど多くの弁護士が多大な時間を費やしてきたか知れません。文書の翻訳について責任を負うべきは請求者でしょうか、それとも提出者なのでしょうか?

 

法曹界で働く皆さまは、場合によっては国際的な紛争に関する文書を提出する立場にもなります。そのような場合、当該裁判所の公用語に翻訳した提出資料が求められるとなれば、翻訳の正確性について万全を期す必要があります。

別のケースでは、相手方当事者が提出した文書を翻訳する必要があるかもしれません。

たとえば米国では、連邦民事訴訟規則第 34(a) 条により、請求された文書は「使用可能」な形式で提供することが義務付けられています。しかし、この規則では、口頭または書面による文言の他言語への翻訳に対する適用については厳密に規定されていません。

他言語で記述された文書について、翻訳に関する負担を受け取り側が持つのは珍しいことではありません。問題は、費用の負担はまだしも、良質な翻訳者を確保する責任をどうやって果たすかということです。

弁護士がこの責任を負うことは、理にかなっていると言えるでしょう。クライアントがどのような成果を手にするかは弁護士次第だからです。確かな結果を出すために、文書制作側から受け取る資料の翻訳作業については、信頼できる最高のパートナーを確保することが重要です。

 

法律関連の通訳サービス


翻訳サービスと通訳サービスの違いを認識するのは大切なことです。弁護士には、外国語を話す証人を相手にして尋問を行う機会や宣誓供述を取る機会もよくあります。

 

通信文や書類は、出力言語の種類にかかわらず厳密・正確でなくてはなりません。法律関連の通訳者は、話者が述べた文言を訳すだけでなく、口調、しぐさ、表情のような言語以外の情報を捉え、そのニュアンスまで伝える必要があります。

口頭での証言については、法廷内・法廷外のどちらで述べられた言葉であっても、この高水準の正確さをもって扱わなくてはなりません。また、通訳者には、法廷で交わされる高度な言葉のやり取りを証人の母国語に訳す能力も必要です。つまり、通訳元の言語であるソース言語と、通訳先の言語であるターゲット言語の両方において、法律用語に精通していることが求められます。

 

法律関連のローカリゼーション サービス


異なる文化圏の人々に対する法律サービスの提供は、収入やキャリア向上の面でも得るものが大きい有意義な活動と言えます。しかし、クライアント基盤全体、とりわけ外国に拠点を置くクライアントに向けての発信は容易ではありません。

 

もちろん、それには解決策があります。翻訳よりもさらに深いローカリゼーションにより、文化のニュアンスや文書の雰囲気を維持し、その正確な意味も残しながら、多言語のクライアントにメッセージを伝えることができます。

御社に関する他言語でのマーケティングや研究成果発表において読み手に誤解を与えると、取り返しのつかないダメージとなるおそれがあります。また、対象となる人々に扱い方や意味がわからないと感じさせるような資料を公開してしまうことも大打撃につながります。そうした事態は避けなくてはなりません。

たとえば、中国で不動産関連事業を拡大したいと思っている場合、ご自身の経験をどのように紹介すれば対象の人々の心を掴めるのか考えてみましょう。上海~深圳の幅広い地域に向けて、不動産業界のさまざまなデベロッパー、投資家、実務家のニーズを満たすコンテンツを実現するにはどうすればよいのでしょうか?

コンテンツをローカライズすることで、対象のオーディエンスとの関連性を高め、身近な話題という印象を与えやすくなります。御社の資料が現地の文化になじんだ形や雰囲気でクライアントに届くため、新規参入の市場で信頼感を獲得するための手助けとなります。

 

認定翻訳サービス


法廷で提示する認定文書がある場合、その正確性についてリスクを負うことはできません。法制度上、認定翻訳サービスに関する具体的なプロセスが定められていない米国では、経験豊富な翻訳チームを探し出すことは弁護士の裁量に委ねられています。

 

認定文書が関係する場合、このチームには複数名のメンバーが必要になると考えられます。認定翻訳は、原文と翻訳文書を並べて多角的に複数回のレビューを実施するプロセスであるためです。これを実現するには複数分野のプロフェッショナルが連携しなくてはなりません。

ライオンブリッジでは、法律文書を 350 以上の言語に翻訳できる専門家を揃えています。当社の専門チームは翻訳だけでなく、成果物の完全な品質評価サービスも提供します。認定資料については、専門の補助翻訳者が翻訳文書を 1 行ずつ突き合わせて評価し、その文書があらゆる側面から見ても正確であることを確認します。

 

重要な点

法律家にとって、言葉がすべてです。たった一つの言葉のニュアンスが、案件全体を左右することがあります。翻訳や通訳が関連する場合には特に重要となります。

一見すると小さなミスが、長年にわたる訴訟の発端になることもあります。高いスキルを持つ翻訳者を利用することは、そうしたトラブルで労力や費用が発生するのを防ぐためにも有効です。翻訳者の選定は慎重に行う必要がありますが、数多くの法律家を長年サポートし、世界最有力の法律事務所 75 社すべてと取引実績があるライオンブリッジなら安心です。当社は、一流の正確性とスピードが求められる案件において世界のトップから厚い信頼を得ています。

裁判での法律関連の通訳サービス、重要文書の翻訳、言語の障壁をサポートするオンサイトのエキスパートをお探しでしたら、高品質のサービスを提供できる当社にお任せください。御社の具体的なニーズを満たす法務翻訳サービスおよび法務通訳サービスのご利用方法について、こちらで詳しいご相談を承ります

  • #legal_services
  • #blog_posts

#legal #法廷 #法律 #翻訳 #認定


Lionbridge
AUTHOR
Lionbridge