ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
経営陣
インサイト
ニュース
インサイト
実績

ライオンブリッジの専門家は、お客様の業界とその課題を隅々まで理解しています。

ライフ サイエンス
銀行/金融
リテール
Eコマース
Lionbridge Games
自動車
消費財
テクノロジー
製造業
法務関連
旅行/ホスピタリティ

ライオンブリッジの Lainguage Cloud を活用して、御社の包括的なローカリゼーションとコンテンツ制作をサポート

Lainguage Cloud™ Platform
接続性
翻訳コミュニティ
ワークフローのテクノロジー
Smairt Content™
Smairt MT™
Smairt Data™

言語を選択する:

ライオンブリッジ機械翻訳トラッカー

お客様のニーズに応じた最適な機械翻訳エンジン選びにライオンブリッジの評価ツールをお役立てください

はじめに

機械翻訳 (MT) テクノロジーには長い歴史がありますが、とりわけ近年の急速な進歩には目覚ましいものがあります。かつてない量のコンテンツがさまざまな言語で生み出されている現在、グローバリゼーションが進む中で世界にリーチを確実に広げる手段として、機械翻訳の活用に企業からの注目が集まっています。 

機械翻訳の導入をお考えの際は、以下の 4 つの基本的なアプローチからいずれかをお選びいただけます。 

パブリック MT

Google 翻訳や Bing 翻訳など、一般向けに公開されている機械翻訳サービスの利用。誰でも無料で利用できる反面、用語集のカスタマイズなどの高度な機能は搭載されていません。また、データが他のサービスに流用される懸念もあります。 

オンサイト MT

自社の IT 環境内に機械翻訳サーバーを設置して運用する方法です。非常に強固なセキュリティを実現できる反面、コストがかさみ、煩雑な導入・運用作業と継続的なメンテナンスが必要になります。

クラウド MT

パブリック MT と仕組みが似ており、MT はクラウド上でホストされますが、御社専用の MT インスタンスを作成します。御社から MT サービスに送られるデータのセキュリティはしっかりと確保され、第三者に開示されることはありません。用語集のカスタマイズに関連する高度な機能をはじめ、さまざまなメリットが見込める反面、ベンダーによる囲い込み (ロックイン) が生じて、言語ペアの組み合わせによっては機械翻訳の品質が期待値を下回ることもあります。 

ベスト オブ ブリード MT

1 つのプラットフォーム上で複数の機械翻訳エンジンを運用できます。用語集のカスタマイズを一元化する機能、管理しやすいインターフェイスなどに加え、言語ペアやコンテンツの種類に応じて最良のエンジンを組み合わせて選択できる利便性の高さを特徴とします。

どのアプローチを採用するにせよ、御社に適したエンジン選びは容易ではなく、適切なデータと経験を踏まえて判断する必要があります。その点、ライオンブリッジは機械翻訳の分野で 20 年以上の経験を誇り、機械翻訳テクノロジーに関する膨大な言語データと品質データを蓄積しているエキスパートです。御社が適切な判断を下せるよう、あらゆる面でお手伝いいたします。この Web ページでは、よく利用される言語ペアについて、機械翻訳エンジンの性能に関する基本的な情報を提供しています。皆さまのコンテンツに合った最良の選択をしていただくためにご活用ください。 

最も優れた機械翻訳エンジンは一体どれなのでしょうか。 簡単な答えはありません。


数多くの機械翻訳エンジンの中から選択するときには、特定のエンジンは特定の機能や分野に長けているという点に留意することが重要です。 御社のニーズと機械翻訳エンジンの特徴や用途が一致しないと、どれだけ優れたエンジンであったとしても、その能力を十分には発揮できません。 最適なオプションを見極めるには、まずはなぜ機械翻訳を利用するのかを明確にします。

全般的な用途で機械翻訳エンジンを使用したいのであれば、Google Translate や Bing Translator を使用するのが適切でしょう。 特定の言語や分野に対応した機械翻訳サービスを必要としているのであれば、Amazon Translate または DeepL Translator を使用することで、よりよい結果が得られるでしょう。

ライオンブリッジの機械翻訳トラッカーなら、月ごとのパフォーマンス分析を通じて、御社で利用する言語ペアに最適な機械翻訳エンジンを特定することが可能です。 次に「最も優れた機械翻訳エンジンはどれか」という質問をするときは、「私にとって最適な機械翻訳エンジンはどれか」と言い換えて質問してみてください。そしてその答えを導き出せるのは当社ライオンブリッジです。ぜひ当社までお問い合わせください。

各種の機械翻訳テクノロジーについて詳しく知りたい方は、当社のブログ「機械翻訳の説明」をご覧ください。

ライオンブリッジのエキスパートからのコメント

2022 年 4 月

Yandex の MT エンジンのパフォーマンスは数か月にわたり横ばいでしたが、特にドイツ語のエンジンについて、ある程度の進展が見られました。

ある詳細な分析では、Yandex エンジンにおいて、疑問符、感嘆符、かっこ、スラッシュなどの句読文字および単位系を含む文の処理で向上が見られました。 このような進歩は、モデルの改善というより、MT の設定の微調整の結果によるものである可能性があります。 ただし、珍しい用語の追跡においても改善が見られたため、Yandex の進歩はモデルの改善またはさらなるデータ トレーニングによるものである可能性もあります。

昨年のこの時期には、いくつかの MT エンジンで興味深い改善が見られました。 このような進歩には、時期的なパターンも関係しているのでしょうか。 2021 年に観察されたようなことが、今年もあるでしょうか。 これらのエンジンの MT 性能を追跡調査していますので、来月以降、確認できた内容についてお知らせします。

全般的に、MT エンジンの評価に対する関心が高まっています。 現在では、MT がテクノロジーとして成熟していることに多くの人が同意するでしょう。 人が介入するかどうかや、ハイブリッドのアプローチを採用するかどうかにかかわらず、ほぼすべての翻訳事例で機械翻訳が有用であることが認識されています。 ただし、MT を使用する場合の MT の結果の評価、測定、改善のための適切な方法については、試行錯誤が続いています。

— ラファ モラル、ライオンブリッジ、イノベーション担当バイス プレジデント   

エキスパートのこれまでの解説を読むには、ここをクリックしてください。

MT パフォーマンス全体の評価
MT エンジンの比較
時間
各言語ペアの品質
ドロップダウンからドイツ語、スペイン語、ロシア語、中国語のいずれかを選択
時間
各ドメインのパフォーマンス
ドロップダウンからドメインを選択
時間

機械翻訳に関するインサイトや将来のトレンドについて興味のある方は、当社のブログ「言語テクノロジーの未来: 機械翻訳の未来」をご覧ください。

ライオンブリッジ機械翻訳トラッカーの調査手法

当社では、機械翻訳のスコア判定において「逆編集距離」と呼ばれる手法を採用しています。人間の手によるポスト エディット作業で修正された文字数 (アジア諸言語の場合) またはワード数 (西洋諸言語の場合) に基づいた「編集距離」を品質の尺度として利用し、修正前後の訳文間の差異を評価します。この指標は、数値が大きければ大きいほど最終的な品質が優れていることを意味します。

評価対象とした 4 つの機械翻訳エンジンのうち、Google と Bing NMT は、一般的なコンテンツと各種の言語ペアにおいて最良の性能を発揮しています。一方、ドイツ語に関しては DeepL が最も強く、中国語では Amazon の品質が良いというように、特定の言語ペアについて突出した強みを見せるエンジンもあります。

免責事項

  1. 本レポートにおける機械翻訳エンジンの評価はライオンブリッジが月に一度実施しているものです。
  2. 掲載データは説明のみを目的としたものであり、個別のケースについてはそれぞれ異なる取り扱いと評価が必要になります。
  3. 本レポートの作成にあたっては、ライオンブリッジの複数の機械翻訳チームによって事前に選定されたソース データを使用しています。機械翻訳エンジン間の比較では、それぞれの機械翻訳エンジンおよび言語ペアについて同じソース データを毎回使用しています。
  4. 本レポートの作成にあたり、お客様のデータはいっさい使用していません。

お問い合わせ