ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
経営陣
インサイト
ニュース
インサイト
実績

ライオンブリッジの専門家は、お客様の業界とその課題を隅々まで理解しています。

ライフ サイエンス
銀行/金融
リテール
Eコマース
ゲーミング関連
自動車
消費財
テクノロジー
製造業
法務関連
旅行/ホスピタリティ

言語を選択する:

機械翻訳

機械翻訳に関する最新情報のご紹介 

コンテンツ制作に機械翻訳を活用


機械翻訳に適したコンテンツと機械翻訳の導入メリット

より多くのコンテンツをより短期間で翻訳でき、しかもコストは予算内。うますぎる話のようですが、今ではそれが可能になりました。機械翻訳 (MT) を活用すれば、コストを維持したまま翻訳の生産性を上げることが可能です。

MT はあらゆるコンテンツに使用できるわけではありませんが、近年、性能が大きく向上してその適用範囲が広がっています。MT をうまく活用すれば、すでに MT を通じて多言語展開しているグローバル企業と同じ土俵に立てるだけでなく、母国語でコンテンツを見たいという消費者のニーズにも対応できます。

ライオンブリッジはいち早く MT を採用した言語サービス プロバイダーのうちの一社であり、過去 20 年以上にわたって数十億語もの翻訳を MT で処理してきました。こうした実績をもとに、多くのお客様から長年にわたってご信頼いただいています。ローカリゼーション戦略に MT を取り入れる前に、次の点を考慮してください。

  • MT に適したコンテンツを特定する
  • MT エンジンのトレーニングに必要な言語資産を用意する
  • 翻訳品質を確保するために、必要に応じて翻訳者によるポストエディットもプロセスに組み込む

MT を適切に活用すれば、品質を妥協することなく最大限のコスト削減を実現できます。

関連記事

言語テクノロジーの未来: 機械翻訳の未来

機械翻訳は進化し続けており、適切に運用すれば翻訳の生産性においてますます重要な役割を果たすようになっています。

機械翻訳 vs. 機械翻訳 + ポストエディット

どのような場合に機械翻訳が最適か、どのような場合に翻訳者とのハイブリッド モデルを採用すべきかなど、さまざまなケースについて説明します。 

ニューラル機械翻訳: 言語の翻訳において人工知能 (AI) が果たす役割

ニューラル機械翻訳とは何か、そしてニューラル翻訳が言語サービス業界を一変させる可能性について詳しく説明します。

翻訳における機械翻訳

機械翻訳に関わる重要な用語について、わかりやすくまとめています。 

自社に最適なリアルタイム翻訳テクノロジーを選ぶには

このガイドでは、ライオンブリッジのリアルタイム翻訳技術と、一般的な機械翻訳エンジンの違いについて詳しく説明します。 

最適な機械翻訳エンジンとは

ライオンブリッジの機械翻訳トラッカーでお客様のユース ケースに最適な機械翻訳エンジンを見つけましょう。 

自社のニーズに最適な機械翻訳エンジンを選択するのはなかなか難しいものです。機械翻訳エンジンの性能は、ソース言語 (翻訳元の言語) とターゲット言語 (翻訳先の言語) の組み合わせや対象コンテンツの品質など、数多くの要因に左右されます。判断の材料になるデータが欲しいという多くの要望にお応えするために、ライオンブリッジでは「機械翻訳トラッカー」を作成しました。機械翻訳トラッカーでは、主な機械翻訳エンジンの総合的な性能、言語ペアごとの品質、分野別の性能を測定します。過去 1 年における 4 つの主要機械翻訳エンジンの品質スコアをご覧ください。   

ライオンブリッジの機械翻訳専門家をご紹介

ライオンブリッジの機械翻訳専門家をご紹介

ラファ モラル

イノベーション担当バイス プレジデント 

言語および翻訳関連の R&D 活動を統括。機械翻訳、コンテンツのプロファイリングと分析、用語の抽出、言語品質の保証と管理に関わるイニシアチブを指揮しています。 

ジョルディ マシアス

言語エクセレンス担当バイス プレジデント

ライオンブリッジの言語エクセレンスの責任者として、社内の機械翻訳チームや言語品質サービス チームを統括し、イノベーションを重視する大手企業向けの業務を監督しています。

お問い合わせ