ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
実績
経営陣
インサイト
ニュース
トラスト センター

ライオンブリッジの Lainguage Cloud を活用して、御社の包括的なローカリゼーションとコンテンツ制作をサポート

Lainguage Cloud™ Platform
接続性
翻訳コミュニティ
ワークフローのテクノロジー
Smairt Content™
Smairt MT™
Smairt Data™

言語を選択する:

生成系 AI とライフ サイエンス業界: 新しい言語ソリューション

生成系 AI がどのようにライフ サイエンス向けの言語ソリューションを強化し、新たな可能性を生み出すのかについて考察します。

ライオンブリッジのライフ サイエンス部門と AI の専門家が AI によるライフ サイエンス業界への影響について考察


患者エンゲージメントの向上と新規市場への急速なリーチ拡大に AI テクノロジーを役立てる方法についてご覧ください。

生成系 AI がライフ サイエンス業界向けの言語ソリューションに与える影響について解説する、当社のウェビナーをご覧ください。AI はすでに、研究、患者とのコミュニケーション、医薬品の発見、ゲノミクス、さらには患者のケア、診断、治療など、さまざまな取り組みに大きな影響をもたらしています。このウェビナーでは、より健康な世界への架け橋を構築するために、多言語コンテンツの生成や翻訳などの言語サービスに AI をどのように役立てることができるのかについて考察します。

60 分間のウェビナーの内容:

  • ライフ サイエンス業界向けの言語サポートに関する最新のユースケースを紹介します。
  • 患者へのアプローチや臨床研究をより効率的に行うために、生成系 AI が今後どのように活用されるのかについて考察します。
  • 安全性が重視されるライフ サイエンス業界における AI の限界と、AI を使用するプロセスにおいて人間の専門家が常に必要とされる理由を考察します。
  • 現在と将来にわたり、組織が検討すべき多言語ユースケースの可能性について考察します。
  • 参加者からのご質問にお答えします。

オンデマンド ウェビナーを視聴するには、以下のフォームにご記入ください

講師の紹介

パライク オドネル

パライク オドネルは、ライオンブリッジの技術ソリューションとライフ サイエンス業界における市場参入に関するご提案を担当するディレクターを務めており、言語サービスとテクノロジー サービス業界での経験は 20 年以上に及びます。コンピュータ言語に関するバックグラウンドに加え、ライフ サイエンスに高い関心を持っており、良好な患者アウトカムの実現をサポートしています。また、深い専門知識を活かし、お客様がビジネス課題を克服できるよう支援しています。

ヴィンセント ヘンダーソン

ヴィンセント ヘンダーソンは、ライオンブリッジの制作および開発チームの責任者として、テクノロジーと AI を活用してグローバル コンテンツを分析、評価、処理、生成する取り組みを進めています。特に、大規模言語モデルがもたらすコンテンツ製品やサービスのイノベーションに注目しています。

Share on LinkedIn