ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
実績
経営陣
インサイト
ニュース
トラスト センター

ライオンブリッジの Lainguage Cloud を活用して、御社の包括的なローカリゼーションとコンテンツ制作をサポート

Lainguage Cloud™ Platform
接続性
翻訳コミュニティ
ワークフローのテクノロジー
Smairt Content™
Smairt MT™
Smairt Data™

言語を選択する:

A scientist using a dropper

BioMarin 社ケース スタディ: 異なる文化に対応する翻訳が、文化の枠を超えたデータ比較を可能に

 

多言語にまたがる被験者に臨床試験を正しく理解してもらうには、どうすればよいでしょうか。BioMarin 社は、血液が正常に凝固しない希少血液疾患である血友病 A など、生命の危険を伴う希少疾患の治療法を開発し、商用化に成功しています。同社は患者報告アウトカム ツールの信頼性とコンテンツとしての正当性を検証するために、細部にまでこだわり、柔軟に対応する誠実な言語パートナーが必要でした。

多言語での臨床試験の一貫性を維持しながら、14 言語にわたる言語評価サービスと認知デブリーフィングをライオンブリッジがどのように提供したか、その詳細について本ケース スタディをお読みください。 

ケース スタディのポイント:

  • 血友病患者が受ける影響を測定する患者報告アウトカム (PRO) ツール 3 種をライオンブリッジが翻訳した方法
  • 対象国全体における概念、言語、文化の細かな差異を、ライオンブリッジの包括的で堅牢な翻訳プロセスへと取り込んだ方法
  • ライオンブリッジのプロジェクト チームがリスクベースのプロジェクト企画戦略を導入し、複数の翻訳スケジュールの調整に成功した方法

 

 

linkedin sharing button
  • #case_studies
  • #life_sciences
  • #translation_localization

Lionbridge
AUTHOR
Lionbridge