ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
経営陣
インサイト
ニュース
インサイト
実績

ライオンブリッジの専門家は、お客様の業界とその課題を隅々まで理解しています。

ライフ サイエンス
銀行/金融
リテール
Eコマース
ゲーミング関連
自動車
消費財
テクノロジー
製造業
法務関連
旅行/ホスピタリティ

言語を選択する:

「聞いて学ぶ」患者エンゲージメントの過去、現在、未来

臨床試験における患者エンゲージメントの発展

この記事は、ライオンブリッジの新連載記事「患者エンゲージメント シリーズ」の第 4 回です。ライオンブリッジのライフ サイエンス部門の専門家が、臨床試験の被験者や医療システムにおける患者の歴史と現状について説明します。本連載記事は毎週投稿されます。ご意見等ございましたら、ぜひ当社までご連絡ください。

臨床試験とは、患者がいて初めて成り立つものです。しかし長い間、研究者は臨床試験のどのプロセスにおいても患者の関与を軽視してきました。ここ 50 年で、科学界や医学界は患者の人間性を認め、臨床試験の管理者とスタッフとの間の関係も改善されてきました。

シリーズ「聞いて学ぶ」では、患者エンゲージメント運動の歴史について説明します。次のようなトピックが用意されています。

  • 生命倫理規定が設けられるまでの人体臨床試験の歴史
  • インフォームド コンセントの要点
  • インフォームド コンセントが進歩を遂げる転機となった出来事
  • 患者エンゲージメントが重視される理由
  • 翻訳を迅速化し、より多くの被験者にリーチする

 

ホワイトペーパー (英語) をダウンロードするには、お客様の情報を入力してください

 

 

linkedin sharing button
  • #regulated_translation_localization
  • #resources
  • #life_sciences
April M. Crehan
AUTHOR
April M. Crehan