AI 搭載テクノロジーを活用して、グローバルなコミュニケーションを促進しましょう。

生成系 AI
生成系 AI マーケティング ソリューション

ライオンブリッジの Lainguage Cloud を活用して、御社の包括的なローカリゼーションとコンテンツ制作をサポート

Lainguage Cloud™ Platform
接続性
翻訳コミュニティ
ワークフローのテクノロジー
Smairt Content™
Smairt MT™
Smairt Data™

ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
実績
経営陣
トラスト センター

言語を選択する:

Legal translator reviewing documents

AI 翻訳とプロの法務翻訳サービス

AI 翻訳の時代における翻訳会社の価値

生成系人工知能 (AI)、特に ChatGPT の性能の向上は法律分野に劇的な変化をもたらしました。LegalZoom と同様、生成系 AI は、以前は弁護士しか提供できなかったサービスを部分的に支援するために使用されています。たとえば、ChatGPT に基本的な法的アドバイスを求めることも可能です。この記事で紹介しているように、弁護士でさえも準備書面を書くために ChatGPT を利用しています。また、生成系 AI を導入することで、弁護士は初期段階の調査や文書の下書きをより短時間で効率的に行うことができるようになりました。しかし、法務翻訳の分野では、少なくともある程度の人間の専門家による介入なしに、生成系 AI だけを使用することはできない (また、そうすべきでない) 場面も存在します。このブログ記事では、AI 翻訳をプロによる法務翻訳サービスの代わりではなく、法務翻訳サービスを向上させるために利用すべき 4 つの理由をご紹介します。

1. レビュー担当者は法的責任を負わなければならないが、AI 翻訳は責任を負うことができない

法律文書の翻訳が必要とされる多くの状況において、翻訳プロバイダーがその品質に対して法的責任を負うことは極めて重要です。この法的および倫理的な基準は、法的問題に関わるすべての関係者の保護に役立つものです。(注: ChatGPT に法的アドバイスを求めると、たとえその内容が正確であったとしても、アドバイスを提供することは「非倫理的」であるという答えが返ってきます。ChatGPT は確かな法的アドバイスを提供する責任と義務がある弁護士ではないため、このような免責事項を提示します。) 生成系 AI は翻訳作業をサポートすることができますが、翻訳の完全性と正確性を保証するには、一人または複数のレビュー担当者が法的責任を負う必要があります。生成系 AI は以下の対象にはなり得ません。

  • 訴訟
  • 制裁措置
  • 法廷侮辱罪による起訴
  • 不正確な翻訳に対するその他の罰則

AI 翻訳は法務翻訳プロセスの一部として取り入れられる可能性があり、また、取り入れられるべきですが、企業は、法務翻訳に必要な法的責任要件を満たすために翻訳会社を利用する必要があります。公的な目的のために法務翻訳を得るには、主に 2 つの方法があります。

宣誓翻訳: この認定は、翻訳が法的状況、政府の要求、または行政目的のための公式基準を満たしていることを意味します。(宣誓翻訳は任意である場合もありますが、裁判所や法律事務所によっては宣誓翻訳が好まれる場合もあります。) 宣誓翻訳の基準は地域によって異なりますが、通常、裁判所または政府機関から「宣誓翻訳者」として認定を受ける必要があります。手続きによっては、宣誓を求められる場合やテストを受けなければならない場合もあります。宣誓翻訳の認定を受けるためのプロセスでは、翻訳に誤りがあったり問題があったりした場合に責任を負うのは翻訳者であることが明確にされています。現在、以下の国ではさまざまな法的状況において宣誓翻訳が必要とされます。

  • スペイン
  • フランス
  • ドイツ
  • ポーランド
  • ルーマニア
  • オランダ

認定翻訳世界各国の裁判所や法廷では、法的な状況において「認証翻訳」を要求される場合があります。翻訳の認定には、翻訳者が翻訳の正確さを証明しなければならないことがほとんどです。このプロセスでは、翻訳の品質が十分でない場合、翻訳者がその責任を負うことも少なくありません。文書が正確に翻訳されていない場合も、翻訳者が責任を問われる可能性もあります。極端な例では、文書を不正確または不完全に翻訳した翻訳者が、偽証罪、過失罪、法廷侮辱罪に問われることもあります。ライオンブリッジのような翻訳会社が認定翻訳を提供する場合は、その文書に最も適した翻訳者を選び、翻訳後の品質チェックをすべて行うなど、翻訳会社が翻訳品質全般に対する責任を負います。

法務翻訳サービスの一環としてレビューを行うプロフェッショナル

2. 複雑な法律問題にはレビュー担当者や翻訳者が必要である

複雑な資料を扱う法務翻訳には推論能力が欠かせません。法務翻訳には、生成系 AI では、法務翻訳者やレビュー担当者と同じようには推論することができない、以下のような要素が無数に存在します。

  • 契約書のような文書における条項や単語の変更が及ぼす (重大な) 影響
  • 口語表現
  • 新しい判例や解釈 (一般的に法律は変化しないものではなく、不安定なものであるため)
  • 特定の法的手続きに関する法律が国や都市によって大きく異なる
  • 用語や標準的な慣行を含む、関連業界の一般的背景
  • 社会文化的背景 (複数の場所で行われる法的手続きに影響を与える場合が多い)
  • 非常に特殊な法律用語
  • 法律用語が国によって異なる (同じ語句でも場所によって意味が異なる場合がある)
  • 法律文書における文章構造 (受動態や長く複雑な重文が含まれるのが一般的)。言語によっては能動態や短い文章が好まれる場合もある

生成系 AI は批判的思考や創造的思考には対応できず、学習したことを機械的に繰り返すことしかできません。当社のような認定法務翻訳サービス プロバイダーは、関連する法律に関する知識をベースにして生成系 AI テクノロジーをトレーニングすることができるため、このテクノロジーを法務翻訳の支援に活用することができます。翻訳会社が生成系 AI を特に利用できる (利用すべき) 場面は、翻訳対象が大量にある大型案件の法務翻訳プロセスの効率化を図る場合です。しかし、複雑な問題 (特に複数の言語や国にまたがる場合) の法務翻訳を正確に仕上げるには、法務翻訳に影響を与える無数の複雑な要素に対応できる法務翻訳者やレビュー担当者の存在が不可欠です。

3. レビュー担当者が生成系 AI の誤りを修正することが必要な場合がある

法務翻訳において、細部にわたる正確さは重要な基礎となる部分です。法的手続きで提出される正式な文書に対しては、法務翻訳としての高い正確性を保つためにレビュー担当者の存在が不可欠となる場合があります。生成系 AI は、時として誤った情報を提供する可能性があるためです。生成系 AI は、正しい翻訳を提供した優れた実績がある一方、誤りを生成する場合があることでも知られています。法務翻訳では、以下のように、小さな誤りが甚大な問題を引き起こす可能性があります。

  • 契約が無効となる
  • 準備書面の一つの誤りによって信頼性が失われる
  • 法律の誤った解釈と適用

当社のような翻訳会社のレビュー担当者は、生成系 AI が生成する誤りや「ハルシネーション」(「幻覚症状」の意) を見つけて修正することができます。こうしたハルシネーションは、生成系 AI が翻訳者からの指示やプロンプトを誤って解釈することが原因で起こることがあります。実際には原文に含まれておらず、トレーニングに使用された情報とはまったく一致しない出力が生成されます。完璧なトレーニングとコーディングが実施されている場合でも、AI のアルゴリズムによってハルシネーションが起こることがあります。

ハルシネーションに加えて、生成系 AI はまだ、すべての言語で完璧にトレーニングされているわけでも、翻訳できるように準備されているわけでもないことにも注意が必要です。生成系 AI はよく使われる言語、そしてその言葉や表現を巧みに翻訳することはできますが、一般的でない言語や言葉についてはまだ「学習」しておらず、少なくともネイティブ スピーカーのレベルには達していません。生成系 AI が十分に学習していない言語で法務翻訳を行う際には、人間のレビュー担当者の存在が不可欠です。まとめると、法務翻訳プロセスにおいて、生成系 AI のハルシネーションと一部の言語に対する不十分な学習量に対応するために、翻訳会社とその専門知識は極めて重要な存在であると言えます。

4. 翻訳会社はロジスティクスの課題を解決できる

生成系 AI を用いることで法務翻訳の効率を向上させ、コストを削減することはできますが、生成系 AI には法務文書を安全かつコンプライアンスに従って転送するための複雑な専門知識や経験はありません。法的文書は通常、潜在的なハッキングやサイバー攻撃から保護されなければなりません。米国では、守秘義務により、法律事務所がクライアントのデータ (主に代理業務に関するもの) を保護することが義務付けられています。欧州連合の一般データ保護規則 (GDPR) のような法律は、法的文書の共有や転送に影響を与える可能性があります。さらに、中国個人情報保護法 (PIPL) のように、国の法律が一部のデータの転送 (送信と受信) を完全に禁止している場合もあります。当社のような翻訳会社は、数十年にわたって、安全かつ規制に準拠した方法で、あらゆる量の法的コンテンツや文書を処理するソリューションを開発してきました。生成系 AI が翻訳会社の翻訳作業を支援することはありますが、生成系 AI がお客様へのサービスに対する先見的で、献身的な取り組みを翻訳会社の代わりに行うことはできません。

法律書とデジタル オーバーレイ

他に考慮すべき点として、法律通訳サービスがあります。一つの案件で必要とされる法律通訳と法務翻訳の両サービスに同じ言語サービス プロバイダーを利用することで、最高の品質を得つつ、コストを削減することができます。言語サービス プロバイダーは通訳サービスと翻訳サービスの両方に同じ用語集や資料、背景情報を使用するよう調整できるため、法律事務所のお客様は以下のメリットを得ることができます。

  • 書面および口頭でのコミュニケーション全体を通して一貫性が保たれる
  • コストの削減
  • 管理上の負担の軽減

生成系 AI は、言語サービス プロバイダーの翻訳作業を支援することはできますが、特に規制の厳しい法廷で法律通訳を提供することはできません。

お問い合わせ

ライオンブリッジの法律文書翻訳サービスのメリットや、法務翻訳や法律通訳に対する支援にご興味があれば、お気軽に当社までお問い合わせください。数十年にわたる実績と革新的な最新テクノロジーを融合することで、お客様のニーズに応じた最適な言語サービス ソリューションをご提供いたします。お客様からのお問い合わせを心よりお待ちしております。

linkedin sharing button

執筆者
サマンサ キーフ
  • #legal_services
  • #technology
  • #translation_localization
  • #ai
  • #generative-ai
  • #blog_posts