ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
経営陣
インサイト
ニュース
インサイト
実績

ライオンブリッジの専門家は、お客様の業界とその課題を隅々まで理解しています。

ライフ サイエンス
銀行/金融
リテール
Eコマース
ゲーミング関連
自動車
消費財
テクノロジー
製造業
法務関連
旅行/ホスピタリティ

言語を選択する:

A healthcare worker checks the pulse of a patient.

最先端免疫学事情: コミュニティにおけるワクチン受け入れの現状

第 3 回: インフォームド コンセントの理念がワクチン接種の意見交換を前向きに進める理由

新型コロナウイルス関連の最新シリーズでは、感染拡大期からその後にかけての臨床開発や規制承認がもたらす構造的な変化について、当社の専門家が独自の見解を提示しています。

世界中で高度な多言語サービスやコミュニケーション、テクノロジー関連ソリューションを展開するライオンブリッジは、安全な薬剤の世界的な開発と供給、上市を支援する信頼のパートナーです。

コロナ禍でコミュニティの信頼を得るには

新型コロナウイルス感染症は今もなお人命や暮らしに大打撃を与えています。その損失は死者数で語られることが多いものの、実際はその数を上回る人々に苦しみが及んでいます。感染拡大を封じ込めようと、各国の公衆衛生当局は公共の場の封鎖や移動制限などの対策を講じ、その結果、多くの人々に負担が重くのしかかっています。ウイルスの蔓延は抑制されても、政府の施策が個人や社会、経済に深刻な影響を及ぼしかねません。

こうしたストレスはあらゆる疾病の罹患者に深刻な影響を与えてきました。PatientView が 27 か国、1,720 の患者組織を対象に実施した調査によると、患者の間に無力感と不安が広まっていることがわかりました。感染拡大期、患者らは医療の現場から治療を後回しにされ、製薬会社の患者関連活動が停止したため、こうした組織からの支援が打ち切られたと感じています。

コロナ禍を終息に向かわせるべく、政府、科学研究機関、ライフ サイエンス当局は、ワクチンの供給と、全国で実施するワクチン接種プログラムを極めて異例のスピードで展開しています。そんな中、(一時的措置とはいえ) 新型コロナウイルス感染症ワクチンが初めて規制当局の承認を得て接種キャンペーンが展開されているわけですが、世間の反応は賛否両論であり、ワクチン接種の受け入れを巡って議論が白熱化しています。

ワクチン接種の受け入れ方に関する見解

ワクチンのメリットとリスクを巡る議論は今に始まったことではありません。科学界ではワクチンと集団免疫のメリットについて意見の一致が見られているものの、一般社会ではまだ懸念が残っています。コミュニティがワクチンを好意的に受け入れるかは、地理的状況、文化、ヘルス リテラシー、個人の信念、過去の経験、ワクチンへの期待感、医療システムへの信頼度に応じて変わります。

可能な限り多くの人々がワクチンの接種を受け入れるようになるためには、対象となるコミュニティや患者の感情を考慮した策を練ることが極めて重要です。

新型コロナウイルスの感染拡大により、ワクチン接種の普及が急務であるという考えが鮮明に打ち出されてきたのは、ひとえに十分な医療サービスを受けられない人々の間で感染拡大による被害が顕著に見られたからです。社会経済面で苦境に陥るリスクが高く、ヘルス リテラシーの格差がある集団は特に、コミュニティ エンゲージメントや健康に関する教育活動、そして何より、予防接種に対する理解が進まない傾向にあります。

A pair of gloved hands uses a syringe to inject an educated patient

コミュニケーションを通じてワクチン接種に前向きな力を生み出す

コミュニティ エンゲージメントの最終的な目標は、対象となる集団に特化した情報と教育活動を提供し、行動につなげることです。汎用的なアプローチはありませんが、いずれの場合もコミュニケーションの透明性を図ることがワクチン接種の決断につながる必須条件です。

こうした観点から、医療現場でのインフォームド コンセントの原則を包括的に実現するには、さまざまな集団を考慮しながら、コミュニケーションへのアプローチや情報ツールを準備する必要があります。

  • 免疫プロセスやワクチンのリスクとメリットについては、最新科学で論拠が示された正確な情報を提供する
  • 情報に不確かな点や変更すべき点があれば明確にし、適宜更新してフォローアップする
  • さまざまな学習形態、テクノロジーとの相性、身体や精神に障害がある人々への配慮など、柔軟な対応を図りながら、対象となる集団にとって使いやすい形式で情報を作成する
  • 簡潔で平易な言語表現を用いる。情報を対象集団に「言って聞かせる」のでも、「切り取って提供する」のでもなく、対象集団が必要とすることを察知し、読んだり聞いたりしたらすぐ内容を理解し、知り得た情報で需要が満たせるような言語表現で提示する
  • 最も適切で包括的なコンテンツ (および書式) についてのフィードバックを聞き取るとともに、情報提供資料の内容が需要に即しているかを確認する目的で、対象となるコミュニティと連携する
  • 翻訳や通訳、あるいはその両方を提示して言語の壁を取り除く
  • コミュニティとの情報交換の場ではフィードバックを推奨し、交流が円滑に進むチャネルを確立する。コミュニティから発せられた質問や疑問、懸念には即座に率直な形で最後まで対応し、今後の情報交換での参考情報とする

コミュニティで得られた成果を最大限活用する

新型コロナウイルス感染症のパンデミックにより、専門用語を多用した情報が飛び交っています。「集団免疫」、「安全性および有効性の評価」、「臨床試験」は、毎日ニュースで耳にする用語となってきました。そのため、一部の専門用語 (および、それに伴う広義の研究事項) に一般市民の関心が集まる傾向にあります。ワクチン開発者、公衆衛生当局、その他関連各所は、この傾向を活用して、コミュニティに主眼を置いたエンゲージメントを拡大することができます。

コロナ禍の今、インターネットやその他メディアで大量の情報を入手できますが、必ずしもすべてが役に立ち、受け入れられる情報であるとは限りません。

ワクチン製品やワクチン キャンペーンのライフサイクル全体において、対象を絞り込み、その集団の文化に即したコミュニケーションを行うことは、集団免疫という目標を達成する上で欠かせない要素です。各種コミュニティと接触を図り、ヘルス リテラシー向上を支援して、医療の受け入れ意志につながるよう積極的な参加を促すことにより、それぞれのコミュニティとの間により良い信頼関係が生まれ、一般市民、医療業界、関係当局間の連携が深まるのはもちろん、何より集団免疫でより良い結果が得られることになります。

linkedin sharing button
  • #regulated_translation_localization
  • #life_sciences
  • #blog_posts

Nataliya Volohov
AUTHOR
Nataliya Volohov