ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
経営陣
インサイト
ニュース
インサイト
実績

ライオンブリッジの専門家は、お客様の業界とその課題を隅々まで理解しています。

ライフ サイエンス
銀行/金融
リテール
Eコマース
ゲーミング関連
自動車
消費財
テクノロジー
製造業
法務関連
旅行/ホスピタリティ

言語を選択する:

規制産業におけるトレーニングの近代化

eラーニングがトレーニング プログラムの有効性を高める理由

ライオンブリッジでは常に効果・効率性・経済性に優れたソリューションを見出すことに注力しており、トレーニング プログラムの分野における eラーニングの大きな可能性に多大な期待を寄せています。当社の eラーニングの専門家であるウェンディ ファレルによると、eラーニングにはトレーニング プログラムの開発を促進し、管理を効率化する力があり、特に、厳しい規制が適用される業界において大きな効果が期待できるとのことです。また、eラーニングはすでに多くの企業で導入されていますが、今後もますます重要視されていくだろうと話しています。

eラーニングに対する期待の高まり

規制産業に携わる企業の皆さまは、「eラーニングがインストラクター主導の従来型トレーニング プログラムを置き換える優れた手段となり得る」ことをよく認識しておられます。というのも、たとえばライフ サイエンスや航空宇宙など規制の厳しい産業では、業務の性質上、従業員がハイリスクな状況に置かれる可能性を常にはらんでいるからです。

ところが、現在のトレーニングは業界の専門性にうまく対応できていません。専門職につく従業員の数が非常に多いにもかかわらず、企業は職務別に特化したトレーニング セッションを実施するリソースを確保できていないのです。たとえば、5,000 人を超える従業員にトレーニングを施す場所の確保、新たな規則や規制に合わせてトレーニングを迅速かつ効率的に実施する体制の整備、特殊な職務や具体的状況の違いに応じて規制要件を正しく運用する知識を従業員が習得する方法など、さまざまな課題があります。eラーニングが注目されているのは、こうしたニーズに応えられる可能性を秘めているためです。効率的で一貫性があり、費用対効果も高いという長所を活かし、各人の状況に即した適切なトレーニングを多くの従業員に届ける手段として期待されています。

高い注目を集める eラーニング

規制産業の世界で eラーニングを導入するメリットはいくつもありますが、ファレルは、「カスタマイズしやすさ」「トラッキングしやすさ」「学びやすさ」がそのメリットのトップ 3 であると言います。

カスタマイズしやすさ

デジタル ツールを活用すると、個々の学習コンポーネントを積み木のように扱い、柔軟にカスタマイズすることができます。対面式のトレーニング プログラムにはこのような柔軟性はありません。各受講者の職務や勤務地に応じて、個々のトレーニング モジュールを追加したり削除したりするのも簡単で、すばやく実行でき、かつ優れた費用対効果を実現します。

このような特長は、企業だけでなく従業員にも大きなメリットをもたらします。企業はトレーニング セッションを開催するたびにリソースを充てる必要がなくなりますし、従業員は自分にとって不要な内容を含む大掛かりなセッションを学ぶために、教室に何度も通ってトレーニングを受ける必要がなくなります。しかも、一人ひとりに合わせてカスタマイズしたトレーニング コンテンツを使用できるため、学習内容が記憶に定着しやすく、従業員は学んだ内容を業務の中で応用しやすくなると考えられます。

トラッキングのしやすさ

どの従業員がトレーニングを受けたか、いつ受けたかを逐一記録しておくことは、規制産業に携わる企業にとっては特に重要です。eラーニングはその性質上、デジタル形式で提供されるため、費用対効果が高く手軽なトラッキング手法によって、どの従業員にも共通する安全性基準や法的基準をすべての従業員に遵守させることができます。

学びやすさ

最後に、eラーニングには多様な学習パスに対応できるという、従来型トレーニングでは実現できない重要な特長があります。もちろんインストラクターとの対面のやり取りにもメリットはありますが、eラーニングの場合は、四面を壁に囲まれた空間による物理的制約を受けないというメリットがあります。

第 1 に、eラーニングには教室のネガティブな性質がありません。教室の場合、口数が少ない受講者は発言が多い人の陰に隠れ、存在感が薄くなりがちですが、デジタル環境ではそのような人の反応も汲み取ることができます。また、学習スタイルの異なるそれぞれの受講者を個別にケアし、ポイントをおさえた的確なフィードバックを提供することも可能です。

第 2 に、eラーニングでは実際の業務に近いシナリオを扱えます。現実的な場面をシミュレートした問題を出し、業界の規制に関する自身の知識を動員して解決策を探らせることにより、実際の業務で知識を応用する能力を高めることにつながります。状況への正しい対処方法は前後関係などによって異なり、小さな 1 つの要因が正解の筋道を変えてしまうこともあります。デジタル ツールなら、そのようなばらつきのある変数を、インストラクターとの対面式セッションではできない形で取り入れることができます。

eラーニングの明るい未来

ライオンブリッジは世界トップクラスの eラーニング サービス プロバイダーであり、世界のトレーニング プロバイダー トップ 20 に 2006 年からランクインし続けています。また、ライフ サイエンス、航空宇宙、銀行・金融、製造など厳しい規制産業のお客様についても、20 年を超える豊富な取引実績があります。当社は、規制産業に携わるパートナー企業との協力関係から得た深い業界経験と、革新的なアプローチの eラーニング活用ノウハウを生かし、皆さまのビジネスに適したトレーニング プログラムをご提供します。

ライオンブリッジは、インタラクティブ PDF、シミュレーション、VR/AR (仮想現実/拡張現実)、ゲーミフィケーションなど、多種多様な最先端の eラーニング技術研究に取り組んでいます。常に eラーニングの世界を注意深く見据え、取り組むべき課題に向き合っています。

エンゲージメントとインタラクティブ性を促進

当社では、できるだけインタラクティブ性の高い、学習者の心を取り込む eラーニング プログラムを実現するための取り組みを、常にお客様と協力して進めています。業界の規則・規制などをテーマに捉えたトレーニング セッションはお世辞にも「楽しい」とは言えませんが、これこそが規制産業における重要な学習内容です。たとえば航空業界であれば、パイロットの皆さまにはぜひとも積極的な姿勢でトレーニング プログラムを履修していただきたいものです。十分なトレーニングを施すために、学習意欲を高める方法は真剣に検討されなくてはなりません。ファレルによると、eラーニングには、取り組む意欲が湧く (むしろ楽しくなるほどの) トレーニング プログラムを実現できるという非常に興味深い側面があります。さらに、受講者の取り組み意欲を高めるこのような側面は今後何年かの間にさらに改善され、発展していくだろう、というのがファレルの見解です。

ライオンブリッジでは、ゲーミフィケーションやビデオ コンテンツを通じた eラーニング トレーニング プログラムの将来像を常に追求しています。規制産業においては、法律上の規則や規制に関する教育的なレッスンよりも、むしろ、冒険に挑むゲームやロールプレイング ゲームに近いトレーニング プログラムが増える可能性が十分あると考えられます。

あなたが城に足を踏み入れると、規制産業に遭遇しました。どの武器を使いますか?

  1. 満員の大講堂で実施する 5 時間のトレーニング プログラム
  2. ニーズに合わせてカスタマイズでき、必要なタイミングで即座に実施できる eラーニング トレーニング プログラム
  3. どれも使わず、まったりとスーパーマリオで遊んでいたい

ライオンブリッジからの専門的アドバイス: よくわからない場合は「2」を選びましょう。

準備ができたら、御社専用にカスタマイズされた革新的な eラーニング プログラムを活用し始めましょう。ぜひライオンブリッジまでお問い合わせください。

linkedin sharing button
  • #blog_posts
  • #content_creation

Lionbridge
AUTHOR
Lionbridge