私たちの従業員は私たちの誇りであり、企業が20年以上にわたって顧客と共感できるよう支援しています。 

私たちに関しては
リーダーシップ
ニュース
主な事実

私たちの従業員は私たちの誇りであり、企業が20年以上にわたって顧客と共感できるよう支援しています。

ライフサイエンス
銀行と金融
小売り
ゲーム
自動車
消費者向けパッケージ商品
技術
工業生産
法律サービス
旅行&ホスピタリティ

言語を選択する:

ユーザー エクスペリエンスの向上: メーカーにおける拡張現実のユース ケース

AR は消費者が抱える問題をどのように解決できるのか

ここ数年、仮想現実 (AR) 技術が台頭しました。デジタル世界と現実世界を融合し、まるで現実のような魅惑的なユーザー体験をつくりだすこの技術は、活用できた多くの企業に大きな恩恵をもたらしています。

AR はゲーム、マーケティング、e コマースの企業には自然に取り入れられています。しかし、複雑な機械を製造するハイテク企業の場合はどうでしょうか。この技術を活用できるユース ケースはあるのでしょうか。

プリンターや芝刈り機、ジェット エンジンなどを製造するテクニカル製品のメーカーにとって (Pokemon Go のような次のヒット商品を制作するわけではなくても)、AR は消費者へのメリットとなるでしょう。

最近の PTC ホワイトペーパーでは次のように述べています。「世界中の企業が、AR を社内で導入することの重要性とメリットを認識している。最近のビジネスの流れで営業利益が圧迫され、財務上の重圧がのしかかる中で、AR によって効率性を向上させようとしている」。

しかし、エンド ユーザー向けに AR を導入することでハイテク企業がメリットを享受するようなシナリオはあるのでしょうか。このレポートによると、そのようなシナリオはあります。しかも顧客向けに AR を導入している企業は ROI を大きく改善していると書かれています。さらに、次のように報告しています。「AR を顧客向けに導入している企業は、社内での導入を進めている企業の約 3 倍の成功例を報告している (29% 対 11%)。AR 導入の著しい増加により、デジタル変革に取り組んでいる企業にとって、もはや様子見することは許されない。顧客に対する製品、サービス、ソリューションの強化、または企業内での運用の向上、そのいずれに対しても、AR は見落とすことができない斬新な機能を提供している」

様子見すべきでないのはわかっていますが、顧客が抱える問題を AR がどのように解決できるのかわからないという方もいらっしゃるでしょう。次のユース ケースを考えてみましょう。

1.概要と使用方法


たとえば、新しい車を購入して、ガソリンをどこから入れるのかわからない場合を想像してください。これは、メカニックの知識が必要なほど難しくはありませんが、直感だけでわかるものでもありません。ユーザー マニュアルを熟読したりインターネットを検索したりするよりも、AR アプリをダウンロードして新しい車の仕組みや使い方を知ることができれば便利だと思いませんか。

自動車メーカーであれコンピューター メーカーであれ、製品の概要や使い方を消費者に伝える AR アプリは、顧客の時間とお金を節約し、ブランド イメージを向上させ、コストのかかるユーザーのミスを防ぐことに役立ちます。

2.コンセプトとプロセスの視覚化


目に見えないプロセスを視覚化することが顧客の役に立つ場合があります。たとえば電気自動車を製造している場合、エンジンがどのように動くのか知りたいという顧客もいるでしょう。システム内の電気の流れをアニメーション化した AR アプリがあれば、顧客は自分の車がどのように動作するかをよく知ることができ、ケアの方法もわかるようになります。このタイプの AR ユース ケースは、すでに、技術者向けなど社内でも非常に役立っていますが、顧客に対しても応用できます。

3.複雑な組み立てと修復の手順


新しいデバイスを勇んで購入したものの、セットアップに苦労したことはありませんか。これは、AR が役立つ領域の 1 つです。AR で視覚的に説明される手順により、顧客によるセットアップと修復を簡素化します。

4.検査


車のブレーキ パッドを見つけ、修復が必要かどうか判断することはできても、修復できるのか、取り替えるべきかを判断するのは難しいことがあります。

AR を活用すれば、顧客の時間とお金を節約できるだけでなく、製品が常に機能し、安全であるように万全を期すことができます。

拡張現実を導入すべきかどうかを見極める方法

上記に挙げたものは、AR への投資を後押しするユース ケースの一部にすぎません。しかし、すぐにでも導入しないといけないとか、顧客のすべての問題に対応する AR ソリューションが存在するとお考えなら、ちょっとお待ちください。御社の技術を理解し、エンド ユーザーの環境が AR ソリューションに向いているかどうかを診断できるパートナーを探しましょう。

たとえば、あるお客様は、インド洋の真ん中に船舶を係留していました。船舶のエンジンに修復が必要になると、外部の技術者をこの場所に派遣するために莫大な費用がかかりました。

AR はその解決策としてぴったりに見えました。AR アプリがあれば、事前に特別な知識がなくても修復の手順を視覚的に確認できるようになります。それは完璧なソリューションに見えました。
しかし、私たちは、船舶の環境がこのソリューションに適合していないと判断しました。AR を活用するには、船舶にインターネット接続が必要でしたが、実際にはありませんでした。また、私たちは、AR ソリューションを危険なエンジン ルーム内で使用するのは妥当ではないと判断しました。

弊社の技術的な専門知識と、エンド ユーザー (船舶の乗務員) に対する十分な理解から出した結論は、安全性とロジスティックの面で AR ソリューションは適切ではないということでした。それは、長期的に見て、お客様の時間とリソースの節約につながりました。

私たちは、お客様が流行に流されるのではなく、迅速に、容易に、効率的に意思決定するためにサポートします。もし御社が AR、VR、その他の新しい技術やシステムの導入を検討しているなら、そのイニシアティブに拍手を送ります。弊社がパートナーとなることで、プロセスを効率化し、落とし穴にはまらないようにサポートさせていただきたいと思います。

メーカーにお勤めの方へ。顧客が抱える問題を解決できそうな AR ソリューションのユース ケースとして、どのようなものを想定していますか。ぜひご意見をお聞かせください。

  • #industrial_manufacturing
  • #blog_posts

#AR #拡張現実 #機械 #製造業


Lionbridge
AUTHOR
Lionbridge