AI 搭載テクノロジーを活用して、グローバルなコミュニケーションを促進しましょう。

生成系 AI
生成系 AI マーケティング ソリューション

ライオンブリッジの Language Cloud を活用して、御社の包括的なローカリゼーションとコンテンツ制作をサポート

Language Cloud™ Platform
接続性
翻訳コミュニティ
ワークフローのテクノロジー
Smart Content™
Smart MT™
Smart Data™

ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
実績
経営陣
トラスト センター

言語を選択する:

Person looking at computer with digital mapping and numbers

AI トラストの時代

AI 生成コンテンツのリスクを低減する 4 つのステップ

AI テクノロジーはまさに革命と言える技術です。Salesforce の調査によると、調査対象となった IT 部門上級管理職の 67% が業務において生成系 AI を重視すると回答しています。この IT 部門上級管理職の 33% は、AI の出力とサービスが最優先事項になると答えています。AI は、コンテンツ生成や翻訳、ローカリゼーションのような、コンテンツやコミュニケーションに関連するタスクなど、さまざまなタスクの効率化に役立ちます。企業は生成系 AI ソリューションを使用することで、このようなタスクを飛躍的に効率化できます。さらに、顧客アウトリーチ戦略に AI を取り入れることで、新しい市場や顧客へのリーチを拡大できます。コンテンツの制作や最適化、翻訳への AI サービスの採用を進めるうえで、AI の信頼性、つまり「AI トラスト」が最も重要な検討事項となります。本記事では AI トラストのギャップに潜む課題について検証し、この問題に対処して AI のリスクを低減する 4 つのステップについても説明します。

AI トラストが課題となる理由

コンテンツ制作、翻訳、ローカリゼーションにおける AI トラストに関する課題として、主に以下が挙げられます。

ハルシネーション (幻覚)、不正確性

さまざまな業界において、規則や規制は重大な意味を持ちます。企業が「責任ある AI」の慣行に従わず、コンテンツに誤りやハルシネーションがあった場合、経済的、法的、倫理的に深刻な結果につながる可能性があります。たとえば、AI が生成した文章で、財務書類の提出や傷口の洗浄など、重要なタスクに関して誤った手順が提示されたらどうなるでしょうか。その誤りにより重大な結果がもたらされるおそれがあります。品質の低いデータ、偏向性のあるデータ、古くなったデータで AI ツールのトレーニングが行われた場合、有害な「ハルシネーション」を含むコンテンツが生成される可能性が高まります。

低品質のコンテンツがもたらすリスク

適切な予防措置を講じることなく AI 生成コンテンツを使用すると、次の 3 つの問題が生じる可能性があります。

  • Web サイトの SEO にペナルティが課される

  • ユーザーのエンゲージメントが得られない

  • ブランド ボイスやメッセージが伝わらない

AI はコンテンツの制作や翻訳、ローカライズを実行できますが、それには限度があります。人間が計画したり介入したりしなければ、AI は求められる品質、一貫性、妥当性を持ってこれらのタスクを実行できない可能性があり、一貫性に不備があれば、SEO 関連の問題につながるおそれもあります。Google の最優先事項として、特に最新のアルゴリズム アップデートでは、高品質なコンテンツに重きが置かれています。ここで優先順位が高くなるのは、魅力的で精度が高く、有益で独自性のあるコンテンツ、そしてしっかりとした内容のコンテンツです。高品質コンテンツを重視する Google の方針は AI 生成コンテンツを明示的に禁止するものではありませんが、すべての工程でまったく人の手が入っていないコンテンツには何らかのペナルティが課される可能性があります。AI では、常に一貫して Google の高品質の定義に合致する水準のコンテンツを制作、翻訳、ローカライズすることはできません。全体的に高品質な Web サイトの一部に品質の低い翻訳を使用したり、ほんのいくつかでも不十分な内容のブログ記事を公開したりすれば、Web サイト全体の SEO が左右される可能性があります。Google のジョン ミューラー氏の話によれば、このような低品質のコンテンツがあることで Web サイト全体の SEO にペナルティが課せられることがあります。こうしたコンテンツによる SEO のリスクを回避するには、人間参加型 (ヒューマン イン ザ ループ) の AI 翻訳をプロセスに取り入れることが重要です。

また、SEO のペナルティのリスクだけでなく、AI のみで制作、翻訳、ローカライズしたコンテンツは、対象のオーディエンスにとって魅力的に感じられない可能性もあります。AI のみで制作されたコンテンツは独自性に乏しく、冗長な場合が多く、AI による翻訳やローカリゼーションではさまざまな問題が生じる場合があります。対象のオーディエンスの興味を引くコンテンツにするには、レビュー担当者による工程をプロセスに組み込む必要があります。こうすることで、レビュー担当者が翻訳の正確性を確認して冗長な文章を編集したり、過剰な絵文字などを削除したりすることができます。

人間の専門家が必要なケース

医療、ライフ サイエンス、金融、法律など、複雑で規制の多い分野のコンテンツの制作、翻訳、ローカライズには深い知識と経験が必要になります。特定の資格や学歴を持つ人材が求められる場合もあります。公式に規則や規制が定められていない場合でも、AI だけでは対応しきれない倫理的な基準や感情面への配慮のために、人による介入が必要になるケースもあります。コンテンツの制作や翻訳において、このような要素に AI のみで対応できるようになるのはまだまだ先になるでしょう。

入力する人物とマザーボードのオーバーレイ

AI トラストの問題に対処する 4 つの重要なステップ

信頼できる AI 生成コンテンツを制作するには、以下の 4 つのステップが重要になります。

1. 人間のレビュー担当者を活用する

コンテンツ制作、翻訳、ローカリゼーションのプロセスにさまざまな形で人間のレビュー担当者を活用することで、事実関係や文体、文法、言語、その他の誤りを検知して修正することができます。レビュー担当者は言語が何であれ、コンテンツにしっかりとした SEO 効果があり、適切に翻訳されており、誤った助言が含まれておらず、全体的に説得力があり、読者にとって価値のあるものであることを確認する役割を担います。内容の複雑さに応じて、担当者によるレビューの度合いを調整することもできます。さらに、担当者によるレビューをプロセスのどの段階で行うかを選択することもできます。状況によっては、初期段階や最終段階、または工程ごとのレビューが有効な場合があります。いくつかの例をご紹介します。

法務翻訳: AI による初期翻訳をレビュー担当者が厳格にレビューして必要な修正を加え、テキストが法的に妥当であり、法廷提出の要件を満たすことを確認できます。

マーケティング用のショート ブログ: 担当者がブログ記事作成のためのプロンプトを AI ツールに入力し、記事の公開前に担当者がざっと読み通して確認することができます。

マイナー言語への翻訳: レビュー担当者が翻訳の一部を抽出して品質をチェックします。そのうえで、適切な語彙や文法などを使用して最終的な翻訳が生成されるように、AI ツールのプロンプトを調整できます。

2. 自己修正機能を検討する

AI テクノロジーにはこれまでにはなかった「自己修正」能力が備わっており、これによって前回の出力を修正し、大きな誤りを排除することが可能です。最初の出力を見直して、指定された不備を見つけたり、指定された知識データベースを使用して正確性を確保したりするように、指示を AI のプロンプトに含めることができます。ただし、この自己修正機能で正確性や品質をレビューできるコンテンツの範囲は限られていることに注意が必要です。Google の DeepMind の最近の調査でも、AI の自己修正機能が非常に限定的であることが結論付けられています。高度な専門性や正確性が求められるコンテンツでは、プロセスに人の手を加えて厳格なレビューや編集を行う必要があります。

3. AI の専門家と連携する

AI を使用してコンテンツの制作、翻訳、ローカリゼーションを行い、最適な結果を得るには、AI 専門家との連携が最も効果的です。AI はシンプルで使いやすいテクノロジーではありますが、初期の出力は品質の低いものになることがあり、そうなれば Web サイトの SEO や消費者の信頼などに影響する可能性があります。AI を専門とする当社などの LSP (言語サービス プロバイダー) はすでにさまざまなケースで AI を採用しており、コンテンツ制作、翻訳、ローカリゼーションのプロセスで AI を活用し、確実な SEO 効果をもたらし、精度が高く魅力的で有益なコンテンツにするためのベスト プラクティスについても研究を続けています。

こうした AI 専門家であれば、どの段階で担当者による必須のレビューを行うべきかも理解しています。また、当社のように、さまざまな分野の多様なコンテンツのレビューに対応できる人材を集めたネットワークを持つプロバイダーもいます。

4. 信頼できる AI ソリューション プロバイダーを選択する

信頼できる AI 専門家がいる AI ソリューション プロバイダーを選びましょう。次の領域でそれぞれの品質の評価を行います。

サイバーセキュリティ:

生成系 AI の使用に伴うサイバーセキュリティ リスクについて理解しているプロバイダーであること。信頼できる組織であれば、データのセキュリティを確保するための革新的なツールや手順が用意されているでしょう。当社では、生成系 AI プロバイダーによるトレーニング目的でのお客様のコンテンツの保存、共有、使用を認めていません。また、当社ではエンタープライズ契約の Azure サブスクリプションによる「ベストインクラス」のホスティングを使用しています。さらに、リアルタイムのパフォーマンス指標、プロダクション KPI、ISO 9001、13485、27701 認証を通じて測定を行い、各基準を満たしていることを確認します。このような予防的措置を講じることで、サイバー攻撃が横行する危険なインターネットにおいても、グローバル システムのレジリエンス (回復力) を確保しています。

目標:

信頼できる AI プロバイダーであれば常にお客様の目標を念頭に置き、優先事項として扱うでしょう。お客様の目標や目的に沿ってソリューションをカスタマイズし、重要なこととして、余計な AI テクノロジーやソリューションを売り込もうとはしません。お客様の目標を達成するために必要なものだけを提示し、導入するのが信頼できるプロバイダーと言えます。当社がお客様に翻訳管理システム (TMS) へのアクセスや、その他のミドルウェア ソフトウェアを売り込むことはありません。お客様固有のニーズにぴったり合ったソリューションのみをご提供いたします。

歩く人々とデジタルのオーバーレイ

透明性:

信頼できるプロバイダーであれば、そのプロセスと結果について透明性を確保しています。お客様がすべての工程を確認できるようにして、お客様からの意見を取り入れ、お客様の目標に応じてコンテンツの制作、翻訳、ローカリゼーションの各プロセスをカスタマイズできる機会を用意するでしょう。ライオンブリッジは、さまざまな LLM (大規模言語モデル)、産業プロセス オートメーション、人による高品質のサービスを統合し、お客様にスケーラブルなソリューションを提供する唯一の言語サービス プロバイダーであり、こうした取り組みを通じて、お客様にとって透明性が非常に重要であることを学んできました。

ビジネスの透明性がレジリエンスの証明となる点も見逃せません。お客様がデータを預けたプロバイダーが現行のプロジェクトにしっかりと対処し、さらに将来的なプロジェクトについても支援を受けられるという安心感が生まれます。当社は言語サービス業界において 25 年以上の実績を持ち、さまざまな経済状況や業界の変遷を乗り越えてきました。今後もお客様の信頼に応えてまいります。

お問い合わせ

今や「AI トラスト」が問われる時代になりつつあります。多くの人々が AI トラストに関する問題に目を向けています。

  • どのタイミングで対処すべきか

  • どのように対処するか

  • いつ人の手が必要か

テクノロジーだけでこうした AI トラストのギャップに対処することはできません。人の介入は不可欠であり、状況によってはプロンプト エンジニアリングから品質レビューまでのあらゆる段階で必要となることもあります。

信頼性の高い強力なコンテンツの制作にあたっては、ライオンブリッジのコンテンツ制作サービスをぜひご利用ください。既存のコンテンツに対応した Web サイト コンテンツ最適化のサービスもご用意しています。当社では、革新的な生成系 AI テクノロジーを単にご提供するだけでなく、専門の担当者によるプロンプト エンジニアリングから品質レビューまで、お客様専用にカスタマイズされたコンテンツ ソリューションをご提供いたします。長年にわたって品質重視の言語サービスを提供し、実績を築いてきた当社まで、ぜひご相談ください。  

linkedin sharing button

著者
サマンサ キーフ、ブレンダン ウォルシュ (グローバル テクニカル検索オペレーション) 
  • #technology
  • #translation_localization
  • #ai
  • #generative-ai
  • #blog_posts