ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
経営陣
インサイト
ニュース
インサイト
実績

ライオンブリッジの専門家は、お客様の業界とその課題を隅々まで理解しています。

ライフ サイエンス
銀行/金融
リテール
Eコマース
ゲーミング関連
自動車
消費財
テクノロジー
製造業
法務関連
旅行/ホスピタリティ

言語を選択する:

Pedestrian crossing from above

ローカリゼーション マネージャー向けデジタル化実践ガイド

統合されたワークフローと自動化を通じたマーケティング部門の改革  

このガイドでは以下について解説します。

  • デジタル化チームの編成 
  • マーケティング部門の優先事項  
  • ローカリゼーション部門とマーケティング部門を統合する新たなワークフローの作成  
  • 将来を見据えたチーム編成と自動化の活用  
  • デジタル化を支援するパートナーの選定  

 

デジタル化は将来に向けた議題ではなく、今目の前にある課題です。多くの企業が直面している課題の中でも、特に緊急の対応を要するものの一つです。デジタル化の波はテクノロジーの進化とともに加速を続けており、企業はこれまでのプロセスを見直し、顧客の要望に積極的に応えることが求められています。 

ローカリゼーション部門が単独で業務を遂行できる時代は過ぎ去りました。ご自身やご自身のチームの価値を高めて企業組織に貢献できるよう、デジタル化を受け入れてマーケティング部門と連携するときがやってきたのです。  

ライオンブリッジでは、デジタル化に向けたマーケティング部門とローカリゼーション部門の統合のために、この実践ガイドを作成しました。デジタル化を正しく遂行すれば、これらの部門が緊密に連携できる環境を促進し、一貫性のあるグローバル ブランドを維持することで得られる多くのメリットを速やかに享受できるようになります。 

ローカリゼーション部門とマーケティング部門を統合すべき理由 

マーケティングとローカリゼーションの両部門では、コンテンツの制作、品質評価、分析のループをひたすら繰り返すことを余儀なくされています。このようなプロセスは自律的なもので、調整や緊密なモニタリングを行わないと最終的にはコンテンツの量に対応できなくなり、両部門に大きな負担となってしまいます。 

統合を進めることで、マーケティング部門からの要求が増えても余裕を持って対応できるようになります。 

1: デジタル化チームの編成

目標を達成するには、マーケティング部門とローカリゼーション部門の全員が団結する必要があります。ここでは、デジタル化への取り組みの成否を左右する可能性のある役割をいくつかご紹介します。  

2: マーケティング部門の優先事項  

今日のデジタル マーケターは、まさに膨大な量のコンテンツの中を必死でもがいていると言えるでしょう。しかも、そのコンテンツのほとんどは翻訳を必要とするものです。増え続けるプラットフォームにも何とか対応し、どれだけ多くの言語と市場が含まれているかや、顧客がどこにいるのかにかかわらず、いつでも優れたコンテンツを提供するという期待に応えようとしています。  

より多くのコンテンツへのニーズが高まっていることから、マーケティング チームは「スピード」を最優先に取り組むようになっています。  

その結果、マーケティング チームとローカリゼーション チームの「品質」についての考え方にずれが生じることが多々あります。慎重さを欠くと、マーケティング チームがローカリゼーション チームのプロセスや KPI を考慮せず、世界各国の消費者を対象とした翻訳を場当たり的に依頼するケースが増えたり、マーケティング チームがスピードと結果を求めてローカリゼーション チームとは連携せず、独自に翻訳やローカリゼーションの作業を行ったりする状況に陥る場合があります。 

しかし、このようなことで両チームが対立する必要はありません。実際のところ、ローカリゼーション チームはマーケターにとっての救世主となる可能性があるためです。ローカリゼーション部門の知識とスキルを適切に応用することで、マーケティング部門におけるスピードの問題を解決し、企業ブランドを世界中の消費者に宣伝するための大きな一助となる可能性があります。 

Photo of a crowded city street

3: ローカリゼーション部門とマーケティング部門を統合する新たなワークフローの作成  

全般的に、ローカリゼーションの成功は、完璧な仕上がりを保証し、継続的な品質管理を可能にする複雑なプロセスによって達成されることが多くあります。一方で、マーケティングのローカリゼーションの場合は顧客エンゲージメントが成功の指標となります。したがって、マーケティング チームは、消費者の満足度を高め、対象市場にスピーディーに配信されるキャンペーン メッセージを好む傾向にあります。

これら 2 つの目標は互いに相容れないもののように見えますが、実はそうではありません。その解決策として、これら 2 つの優先事項に対応するワークフローをセグメント化して構築することが考えられます。 

品質とスピードの両面で成功を収めるには、このようなワークフローを共同で構築し、両優先事項のバランスをうまく取り、その緊密さを維持しましょう。こうすることで、ワークフローを効果的に統合することができます。品質管理を重視する従来型のローカリゼーションと、オムニチャネルで多角的なデジタル キャンペーンにおけるスピードが求められるマーケティングに対して、個別の KPI による測定を継続的に行いましょう。

 

4: 自動化の促進 

自動化は、デジタル化プロジェクトが長期的に成功するか短絡的な成功に終わるかを左右する大きな要素です。将来を見据えたシステム構築に役立つほか、作業量が増えても処理が手に負えなくなることはありません。 

5: ローカリゼーション エコシステムの改革

適切なチームを選ぶことで、ローカリゼーションの取り組みを劇的に向上させることができます。このことは、社内と同様に社外にも当てはまります。 

デジタル面を熟知した御社のローカリゼーション チームに対して、ローカリゼーション パートナーは以下のようなサービスを提供できます。 

  • ローカリゼーション部門とマーケティング部門が優先事項とニーズを反映したワークフローを考案できるよう、長年の経験を活かしたサポートを提供する
  • テクノロジー スタックへのシームレスな統合を実現する
  • 関連性の高いすべてのデジタル チャネルにおけるグローバル ブランド ボイスを管理する  
  • 高質のマーケティング翻訳、トランスクリエーション、コピーライティング、ボーカリゼーション サービスを通じて御社ローカリゼーション部門のサービスを増強する 
  • (妥当な場合に) 現地のニュアンスや方言、慣用句などを取り込む
  • 御社ローカリゼーション部門の構成を問わず、組織構成に関する専門知識を提供する  
  • あらゆるグローバル プログラムやプログラム群に対応する総合的なスケーラビリティを提供する

 

ローカリゼーション マネージャーがやるべきこと

デジタル化の影響  

デジタル化は容易ではありませんが、実施する価値は間違いなくあります。マーケティング部門と統合してワークフローを改善し、自動化を進めることで、コンテンツをめぐる作業過程のすべての段階で所要時間と品質を改善することができます。また、ローカリゼーションへの取り組みを実際の成果に結び付け、その影響をマーケティング チームの KPI (直帰率、エンゲージメント指標、コンバージョン統計など) に反映させて確認することができます。そして何よりも、市場、メディア、言語を問わず、顧客の心を掴む一貫したブランドの構築に貢献できます。 

ガイド全体を読むには、次の画像をクリックしてください。 

linkedin sharing button
  • #blog_posts
  • #translation_localization

Lionbridge
AUTHOR
Lionbridge