ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
実績
経営陣
インサイト
ニュース
トラスト センター

ライオンブリッジの Lainguage Cloud を活用して、御社の包括的なローカリゼーションとコンテンツ制作をサポート

Lainguage Cloud™ Platform
接続性
翻訳コミュニティ
ワークフローのテクノロジー
Smairt Content™
Smairt MT™
Smairt Data™

言語を選択する:

Manufacturing plant workers

ミルカ社のケース スタディ

グローバル マーケティングのコンテンツ翻訳

現在の社会でグローバル企業が競争力を維持するには、オンラインで常に顧客とつながることができる環境が必要です。デジタルファーストの時代において、顧客の言語で新しいコンテンツを制作し、世界のトレンドに合わせて更新して、ソーシャル メディアへの投稿と返信をこまめに行うことは必要不可欠です。こうしたことが、すべての消費者が期待する最低限の基準となってきています。デジタル マーケティングでさまざまな言語の顧客に対応するにはコンテンツの翻訳が必要となり、場合によってはその量が膨大になることもあります。マーケティング翻訳サービスは、グローバル企業と多言語の顧客基盤をオンラインでつなぐための重要な生命線となります。

フィンランドを拠点に研磨布紙と不織布研磨材の業界をリードする企業のミルカ社は、ライオンブリッジのコンテンツ/Web サイト翻訳サービス チームと連携し、グローバル デジタル マーケティング戦略を構築して、将来におけるその拡張性も確保しました。このミルカ社のケース スタディでは、ブランド ボイスの一貫性を保ちながら、すべてのコンテンツを 6 つの言語に迅速に翻訳するために当社が行った支援をご紹介しています。ミルカ社ですでに使用されていたコンテンツ管理プラットフォームを活用しながら、当社のカスタム ソリューションでグローバルなマーケティング活動を支援しました。顧客へのリーチを拡大し、コンテンツ翻訳の負荷軽減とスケジュール短縮を実現することで、より多くのコンテンツの迅速な提供と最適化に力を注ぐことができるようになりました。 

ケース スタディ本文では、ミルカ社の翻訳コストを 20% 削減した当社のカスタム ソリューションについて詳しくご紹介しています。

linkedin sharing button

ライオンブリッジ
著者
ライオンブリッジ
  • #case_studies
  • #technology
  • #translation_localization
  • #global_marketing