多くの国が影響を受ける法規則に対応する:GDPR 発効後の効果的な多言語マーケティングとは

GDPR によって変わるマーケターのアプローチ: 消費者への対話方法と事前準備についての 7 つの重要なポイント

ありがとうございました。ダウンロード中です。

ここをクリック ダウンロードが自動的に開始されない場合は、

最終更新日: 12月 5, 2019 8:33AM

マーケティングの新たな時代がここに

データ保護とプライバシーに関する法律の整備が確実に進んでいます。今夏、EU で一般データ保護規則 (GDPR) が発効し、マーケティング業界はコンプライアンスと改革においてまったく未知なる領域に進むことになりました。

GDPR に準拠するために、マーケターは消費者のデータを保護し、透明性を確保しながら運用するための新しい厳格なガイドラインを順守する必要があります。これにより、消費者は自身のデータがどのように使用されているのかを確認できるほか、そのデータの保護を強化するために対策を講じることができます。

GDPR を、乗り越えるべき障壁としか見ないマーケターもいますが、ライオンブリッジのようにこれをチャンスと捉えるマーケターもいます。1 つ確かなのは、GDPR に伴い、消費者が組織のメッセージに共感するためには、今日のデジタル マーケターは今まで以上に創造力を発揮して消費者にリーチする必要があるということです。

このホワイトペーパーをダウンロードするには、お客様の詳細を入力してください

以下のチェック ボックスをオンにすると、ライオンブリッジからの電子メールを受け取ることに同意いただいたものとして、言語サービスに関するベスト プラクティス、マーケット動向などの最新情報をお受け取りいただけます。

登録解除、および個人データの扱いについては、ライオンブリッジのプライバシー ポリシーをご覧ください。