ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
経営陣
ニュース
実績

言語を選択する:

音声検索を理解する: 「ポジション ゼロ」にリーチするための 6 つの質問

今こそ、マーケティングに音声アシスタントを活用しましょう。


Amazon Echo や Google Home といったデジタル アシスタントをお持ちですか? 運転中に Siri を使って質問したり、メッセージを送ったりしたことはありますか? マーケターの多くは、すでに日常生活でデジタル アシスタントを使っています。今こそ、マーケティングにも活用しましょう。

デジタル アシスタントが急速に普及するなか、この新たなツールによってブランド シェアを獲得していくためには、音声検索が重要なポイントとなります。この波に乗り遅れると、生き残ることはできません。ライオンブリッジのグローバル サーチおよびマーケティング サービス担当シニア ディレクター、イーファ マキルレイスは次のように述べています。「「音声検索」を制したものだけが勝ち残ることのできる競争です。ただ成り行きを見守っているだけでは取り残されて、市場でのシェアを失うことになりかねません」

先日、音声検索とデジタル アシスタントがグローバル コンテンツや SEO の戦略に及ぼす影響について、お互いマーケターの立場でイーファと話し合ったところ、次のような話を聞くことができました。「ものすごく大きな何かがまさに始まったばかりで、情報に基づいた意思決定をしようにも、従来のような KPI や指標が (まだ) ありません。今は A/B テストを実施して、その結果から学ぶ段階です」

 

デジタル マーケターが今すぐ音声検索に対応すべき理由


音声検索の利用は上昇傾向と予測されているものの (ComScore によると 2020 年までに全体の 50% を占める)、多くのデジタル マーケターは、音声検索の急激な普及について慎重ながら楽観的な見方をしており、「成り行きを見守る」という保守的な姿勢が大半を占めています。
難しいところです。マーケターは、ユーザーとの対話を促進する最適化された多言語コンテンツを作成すべく、時間と予算を投じて各市場におけるユーザーの検索意図を調査していますが、ますます混雑していくデジタル環境でユーザーに自社のコンテンツを確実に見つけてもらうには、この取り組みを最大限有効なものにすることが不可欠です。マーケティングの対象が B2C であれ B2B であれ、顧客の心を掴むためには、Web サイトの最適化やテキスト ベースの SEO だけではもはや十分ではありません。

イーファによると、先に動いた者に大きな可能性があると言います。さいわい、音声検索の分野で先頭に立ち、大きな成果を得るためにすべきことはそれほど多くはありません。

 

音声検索での自社ブランドのランキングを確認するための 6 つの質問


イーファによると、音声検索について最も重要なことはただ 1 つ、「ポジション ゼロ」と呼ばれる新しいランキングに入ることです。では、ポジション ゼロにリーチするにはどうすればよいのでしょうか?

まず、顧客が尋ねそうな質問の種類を考えてみましょう。その際、音声検索では必ずしもすべての問い合せで結果が返されるとは限らないこと、ロングテール検索の方が結果が生成される可能性が高いことに注意してください。

現時点では、音声検索は特定のトピックについて結果を引き出す質問をしたときに最も有効に機能します。まずは、Alexa または Google に次の 6 つの質問をしてみましょう。


  1. < ブランド名> って誰? この質問は、ブランドを指定した結果が音声アシスタントからきちんと返されるかどうかを確認するために行います。「Wikipedia によると…」などという回答が返ってきませんでしたか? Wikipedia ではなく自社が定義したブランドの紹介が返されるようにしましょう。

  2. … するための最良の手段は? コンテンツのヒント: Google では、表や手順説明が優先される傾向があります。現在のコンテンツが音声検索の問い合せの答えとして最適でない場合は、表や手順説明が含まれるコンテンツを作成することを検討してください。

  3. … って何??

  4. < ブランド名> が設立された/始まったのはいつ? 競合他社についても同じ質問をしてみましょう。

  5. … なのはなぜ?

  6. … か教えて? (「今日、傘がいるか教えて」など、個人的に尋ねたい質問)


このような質問をすることで、音声検索に対応する新しい多言語コンテンツを制作する必要があるかどうかを把握できます。

 

音声検索がグローバル コンテンツに与える影響


調査によると、人は 1 分間に約 150 語話すことができますが、入力できるのはわずか 40 語です。 そのため、音声検索ではテキスト ベースの検索に比べてより長い、会話調の問い合わせが使用される傾向にあります。たとえば、テキスト ベースの検索エンジンでは「ホーム セキュリティ システム」という検索語句を入力するユーザーも、音声アシスタントでは「空き巣から家を守る最良の方法は何?」などと質問する可能性があります。 イーファによると、このように検索語句が長くなることは企業にとって朗報です。ロングテール キーワードによる検索をターゲットとすることで、音声検索でのランキングが上昇し、ユーザーの注目を集める可能性が高まるからです。

音声検索では、地域や言語、民族などのさまざまな要素によって質問の方法が変わってくるため、多言語/多文化コンテンツへの影響はさらに複雑になります。「文章の組み立て方は人によって違います」とイーファは述べています。「ただ翻訳に問題がなければよいと思っているようでは、意味がありません。各地で調査を実施して、どのような要因が市場を後押ししているのか、顧客がどのような種類の質問をする傾向にあるのかを把握する必要があります」

音声検索でのブランドのランキングを把握したら、自社のグローバル コンテンツについて次の 4 つの条件をクリアしているかどうかを確認してください。


  1. 顧客からの質問に対して、顧客が使用している特定の言語と手段で回答している

  2. 音声検索結果の約 75% を占めるリッチ スニペット (読み上げられるテキスト ブロック) を勝ち取るために、スキーマが最適化されている

  3. リッチ スニペット向けに最適化された優れたコンテンツを使用して、マーケティング コンテンツをプロモーションしている

  4. 対象ユーザーが質問しそうな内容を考慮してそれぞれのキャンペーンを作成している


 

音声検索、そして SEO の戦いを制するには

これは、いかにデジタル アシスタントの心を掴み、音声検索を利用するユーザーを取り込むかという戦いです。この戦いを制するには、グローバルなテクニカル検索、グローバル コンテンツの音声最適化、データ分析などに焦点を当てて、さまざまな策を講じる必要があります。

イーファのような多くの専門家が各分野のグローバル マーケターと協力して、デジタル アシスタントによる認識を高めるようブランド戦略を見直しています。実際に、ライオンブリッジのグローバル マーケティング サービス チームは、フランスとカナダで話される 2 種類のフランス語向けのテクニカル検索機能の設定や、特定の市場でのバックリンク計画の展開など、マーケティング戦略の策定と実践を担当する世界中のマーケターに向けて、ニーズに応じたさまざまなサービスを提供しています。

マーケターは、デジタル アシスタントによる認識を高めるようビジネス戦略を見直して、音声検索でもテキスト検索でも簡単に見つかるコンテンツを作成し、国や言語を問わず企業がユーザーと最適な方法でつながりを持てるような環境を作り上げる必要があります。

詳細については、こちらからご登録いただいた後に、イーファによるウェビナー「How Voice Search is Changing the Customer Experience」をご覧ください。

 

シンシアは、ライオンブリッジの需要創出担当バイス プレジデントです。B2B マーケティング アーキテクト兼デジタル マーケターとして、成長を推進するための戦略、コンテンツ、プログラムの設計に 15 年以上にわたり携わっています。

  • #blog_posts
  • #global_marketing

#SEO #デジタル マーケティング #多言語の音声検索 #多言語マーケティング #音声検索


Lionbridge
AUTHOR
Lionbridge