グローバル顧客の中で新たに影響力を増した 10 の言語

これらの言語でコミュニケーションが図れますか?

最終更新日: 11月 26, 2019 9:06AM

英語が万人に通用する絶対的な言語であると信じているグローバルなリテール業者は時代遅れと言えます。世界中から膨大な数の消費者がグローバル市場を利用している中で、英語以外の言語を母国語とする消費者の割合が増大しています。

e コマースによって、リテール業者と顧客との関わり方が変わってきています。賢明な企業は、真に消費者の共感を得るためには、彼らの母国語でコミュニケーションを図る必要があることを理解しています。世界中の消費者を対象とするには、何から始めればよいのでしょうか?

グローバル顧客の中で新たに影響力を増した 10 の言語を見てみましょう。これらの言語は、e コマースの成長率とそれぞれの母国語を話す人口に基づき選出されています。

1.ロシア語

ロシア語を母国語とする人口は 1 億 6000 万人に上ります。所得水準の高い他の多くの国々とは違い、ほとんどのロシア人は英語を話しません。人口の約 30% がある程度の英単語を理解しているものの、流暢に英語を話すのはわずか 3% にとどまります

ロシアでは e コマースが急速に浸透しています。テクノロジーに精通した主に若い世代の消費者がけん引し、ロシアのインターネット市場は今後 3 年間で 3 倍になると見込まれています。モルガン・スタンレーは、「ロシアは、支配的なオンライン リテール業者が存在しない最後の主要新興市場で、転換期にある」としています。

ロシアには現在、Amazon や Ali Baba といった支配的な e コマース プラットホームがありません。ロシア市場はロシア語を使用する e コマース リテール業者に大きく開放されており、彼らは母国語を主体として新しい積極的な消費者への投資を望んでいます。

2.ヒンディー語

ヒンディー語を母国語とする人口は 4 億 2500 万人近くおり、第二母国語とする人口は 1 億 2000万人です。ヒンディー語は、人口が世界 2 位で、最も経済成長の著しい国の一つであるインドの公用語です。

これまでグローバル リーダー企業の多くがインドでのビジネスに英語を使用してきましたが、急成長するインド中流階級の起業家たちはその慣習を変えようとしています。インドには 22 もの公用語があり、インドほど言語の多様性に重要な意味を持つ国はおそらくないでしょう。

Wharton School of Business の理事会メンバーであり、SUN Group のバイス チェアマンでもあるシブ ケムカ氏は次のように述べています。「数社の企業グループがインド経済を支配する時代は終わりました。若い世代の起業家の多くは、ヒンディー語でビジネスを行うことに抵抗がありません。そのため、インドでビジネスをしたり文化を学んだりしたいと考えている方々や学生にとって、ヒンディー語をうまく話すことが極めて重要になります」

3.日本語

日本は第二次世界大戦で壊滅的な打撃を被りました。しかし 1980 年代までに、日出ずる国は世界 2 位の経済大国になるまで復興しました。1990 年代になると経済は落ち込みましたが、21 世紀に入って再び回復しています。

今日、米政府は日本を次のように位置付けています。「日本の e コマース市場は、世界 3 位の規模を誇り、最も速い成長市場の一つである。その成長率は過去数年間で安定しており、2017 年の年間成長率は推定で 9.1% である。インターネット普及率は人口の 93.3% と推定され、日本の市場には大きなビジネス チャンスがある」

英語教育は広く盛んですが、それに対して英語を流暢に話す日本人の数はあまり多くありません。日本では、貿易などの取引にいまだ日本語を使用しています。豊かな島国の消費者を相手にビジネスで成功したいと考えるのであれば、彼らの母国語を使用する必要があるでしょう。

4.ハウサ語

ハウサ語は西アフリカのチャド語派に属します。4000 万 ~ 5000 万人が母国語または第二母国語として使用しています。この地域では最も一般的な共通語です。

西アフリカには、アフリカ大陸で最も人口の多いナイジェリアがあります。ナイジェリアでは多くの人々がオンラインでの購入を利用し、その数は年々増えています。アフリカの IT ブームをけん引しており、今や e コマースの新興市場としての地位を築いています。サイバー犯罪や物流といったいくつかの課題はありますが、ハウサ語を話すオンライン消費者から注目と信頼を集めることができるリテール業者であればビジネス チャンスは非常に大きいと言えます。

5.ベンガル語

ベンガル語は、インドで 2 番目に言語人口が多く、バングラデシュでは最も広く使用されている言語です。母国語とする人口は約 2 億人で、世界で 7 番目に多い言語となっています。

ヒンディー語とベンガル語の多くの語句はサンスクリット語に由来しますが、互いに通じるわけではありません。そのため、インドで e コマース ビジネスを行うには、少なくとも両方の言語でサービスを提供する必要があります。

インドのインターネット ユーザーは 4 億 7500 万人で、中国に次いで世界 2 位の規模を誇ります。e コマース市場の浸透率では、インドは米国やフランスといった国々にリードされていますが、その消費者の規模の大きさを考えれば、今後の市場浸透率の拡大に期待できます。インドのインターネット ビジネスは急成長を遂げており、今が参入の絶好のタイミングです。

6.ポルトガル語

ポルトガル語の起源は比較的小さな欧州の国にありますが、ポルトガル語を母国語とする人口は、主にブラジル、アンゴラ、カーボベルデ、ギニアビサウ、モザンビーク、アンゴラ、東ティモールに拡大しました。世界で約 2 億 6000 万人がポルトガル語を話し、そのうちの 2 億 2000 万人が母国語として使用しています。

特にポルトガル語圏のブラジルでは、話者の数は膨大です。ラテン アメリカ最大の e コマース市場であり、世界 4 位のインターネット市場、世界 5 位のスマートフォン市場といった大きな経済基盤を持つブラジルは、賢明なリテール業者が熱い視線を送る市場として知られています。

7.インドネシア語

2 億 6400 万の人口があり、急速に成長する e コマース市場を有するインドネシアではインドネシア語を共通語としています。経営コンサルティング会社 McKinsey による最近の報告書では、堅調なマクロ経済を背景として、インドネシアの e コマース市場の価値は 2017 年から 2022 年までの間に 800% 増加すると見込まれています。

スマートフォンとインターネットが広く普及しているため、インドネシアの中間層の購買力はかつてないほど増大しています。南アジア諸国と比較すると、インドネシア人は平均して英語をあまり話しません。そのため、インドネシアの成長市場でビジネスを検討している e コマース企業にとっては、現地語でサービスを提供することが非常に重要になります。

8.タガログ語

フィリピンでは、2000 万人以上が公用語としてタガログ語を話します。ほとんどのフィリピン人がある程度の英語を話しますが、多くは 2 つの言語を混ぜて使用し、会話の途中で言語が切り替わることもあります。

フィリピンでは、人口の約 63% がインターネットを使用しています。タガログ語でビジネスのコミュニケーションを取ることができれば、リテール業が盛んで、デジタル化が進んだ市場で文化の壁を超えることができます。米政府によると、増大する中間層、増加する個人消費、テクノロジーに精通した活気のある若い世代の力が、e コマース市場を飛躍的に拡大させていくと考えられます。

9.ポーランド語

4000 万人以上がポーランド語を母国語または第二母国語として使用しています。ポーランド語の話者の大部分が、欧州で 9 位の規模を誇るポーランドに居住しています。

米当局者は次のように述べています。「ポーランドでは、e コマースが経済発展の重要なけん引役となっており、物流のオペレーションが急拡大する一因となっている」すでにポーランドは、Amazon や Zalando といった欧州でビジネスを行う多くの e コマース企業の拠点となっています。

10.ベトナム語

7600 万人が使用するベトナム語はベトナムの公用語です。現在、3540 万人のベトナム人が e コマースを利用していますが、専門家の予測では、さらに 660 万人が 2021 年までにオンラインでの購入を利用する見込みです。その時点では、ベトナム人口の 58% が e コマースを利用していることになります。

インドネシア語と同様、ベトナム語は、南アジアの新興デジタル市場への参入を図るリテール業者にとって重要な言語です。

世界中で増大する消費者を対象にビジネスを展開するには

彼らの言語でコミュニケーションを図ることが重要です。テクノロジーや経済の発展により、対象となる消費者の数が増えています。それに伴い、リテール業者に求められる言語要件も高まっています。

しかし、心配にはおよびません。多言語コミュニケーションに 20 年以上の実績を持つライオンブリッジがお手伝いいたします。当社のグローバル チームは 350 以上の言語に対応し、お客様のニーズに応じてコンテンツの翻訳やローカリゼーション サービスを提供いたします。

グローバルな市場への参入についてはこちらからお問い合わせください。お客様のニーズに応じたサービスを詳しくご紹介いたします。

#e コマース #グローバル マーケティング #ローカリゼーション #多言語マーケティング #新興市場