ライオンブリッジの Lainguage Cloud を活用して、御社の包括的なローカリゼーションとコンテンツ制作をサポート

Lainguage Cloud™ Platform
接続性
翻訳コミュニティ
ワークフローのテクノロジー
Smairt Content™
Smairt MT™
Smairt Data™

ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
実績
経営陣
トラスト センター

言語を選択する:

Line of cameras in a media pen

Le Monde のケース スタディ: 英語版最新ニュースで世界の購読者数拡大を目指す Le Monde をライオンブリッジがサポート

Le Monde の報道を支える、スピード、品質、整合性を兼ね備えたライオンブリッジの自動化ソリューション

ニュースの翻訳は容易ではありません。各メディア企業は、翻訳版における言語的な精度の確保や翻訳作業のスケジュールなど、さまざまな課題に直面しています。とりわけスピード、品質、整合性の問題は社内翻訳チームで対応しきれるものではなく、最新ニュースや続報の報道といったメディア企業の役割を十分に果たせなくなる可能性すらあります。

Le Monde は英語版である「Le Monde in English」を発刊するにあたり、その翻訳作業は言語サービス プロバイダーに依頼する必要があると考え、ジャーナリズムに対する自社独自の姿勢を変えることなく、24 時間のニュース サイクルにも対応するために、当社ライオンブリッジと提携して自動翻訳ソリューションを利用することを決定しました。 

当社が開発したカスタム ソリューションは Lionbridge Laⁱnguage Cloud™ テクノロジーとプロの翻訳者チームを活用したもので、「Le Monde in English」発刊当初の目標達成において非常に重要な役割を果たしました。当社が提供したサービスでは、翻訳納品までの時間を 6 時間未満に抑え、コンテンツの承認率 97% を達成することができ、多数の新規購読者の確保に大いに貢献しました。Le Monde のニュース編集チームを当社のスケーラブルな翻訳ソリューションで支援することで、「Le Monde in English」の購読者数は今後もいっそう拡大していくものと予想されます。

当社が提供したソリューションの詳細と、Le Monde がフランス大統領選報道全体でそれをどのように活用したかについて、ぜひ本ケース スタディをご覧ください。


linkedin sharing button
  • #case_studies
  • #technology
  • #translation_localization

ライオンブリッジ
著者
ライオンブリッジ