AI 搭載テクノロジーを活用して、グローバルなコミュニケーションを促進しましょう。

生成系 AI
生成系 AI マーケティング ソリューション

ライオンブリッジの Language Cloud を活用して、御社の包括的なローカリゼーションとコンテンツ制作をサポート

Language Cloud™ Platform
接続性
翻訳コミュニティ
ワークフローのテクノロジー
Smart Content™
Smart MT™
Smart Data™

ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
実績
経営陣
トラスト センター

言語を選択する:

Person using laptop with eLearning icon

生成系 AI による企業向け eラーニングの強化

ROI を高めてコストを削減する 3 つの方法

企業向け eラーニングの取り組みは、収益強化につながる大きな可能性を秘めています。しかし同時に、その計画と実現には大きなコストがかかる場合があり、さらに開発時に誤りがあれば、そのリスクは高くなります。企業向け eラーニング ソリューションのコストが高くなりがちな理由はいくつかありますが、その一つとして初期投資が挙げられます。eラーニング プラットフォームや eラーニング ソリューションをまだ導入していない場合は、購入のためのコストがかかります。さらに、継続的なアクセスを確保するための費用が別途必要になることもあります。高品質な eラーニング コンテンツを制作するには、それなりの費用がかかる場合がほとんどです。次に、講師や eラーニング専門家などの人材コストがかかります。教材の開発や録音・録画制作は一度で済むとしても、労働対価は常に発生します。これは、トレーニング担当者が外部ベンダーでも社内の従業員でも同じことです。社内の従業員にも月給なり時給なりが支払われています。3 つ目のコスト要素は、企業研修を受ける従業員の時間です。一般的にこの時間は従業員が働くはずだった時間の損失と見なされ、ROI にも影響を及ぼします。コストとなる可能性がある最後の要素は、企業の eラーニング教材のアップデートです。新しい手順、顧客、規則などがあれば、それを反映するためにコースをアップデートする必要性が生じます。

ただし、企業は生成系 AI を活用することで、こうしたコスト要因にうまく対処できる可能性があります。以下にご紹介する 3 通りの方法で AI ツールを利用することで、企業は eラーニングの取り組みによってコストを削減し、ROI を最大限に高めることができます。詳細はブログ記事をご覧ください。

1. 企業向け eラーニング プロジェクトのスコーピングと予算編成

コスト削減を達成するには予算の見積りと追跡が重要になります。以下の要素の判断や特定に、さまざまな AI 活用型ツールを役立てることができます。

  • eラーニング コースの長さ
  • 社内のコース開発者か外部ベンダーかにかかわらず、すべての教材のコース開発にかかる 1 時間あたりのコスト
  • コースの提供にかかるコスト
  • すべての従業員が利用できるように、コースのコンテンツを別の言語に翻訳するコスト
  • 受講者が本来の業務を離れてコースを受講するコスト

こうした情報は、企業が戦略的に計画を策定し、eラーニングの取り組みにおける最も重要な要素にリソースを割り当てるうえでとても有用です。また、予算内に収まるようにコース開発者を採用したり、eラーニング プラットフォームを購入したりする際にも役立ちます。最後に、プロセスの各段階の所要時間を追跡できることで、コースの開発や提供にかかる時間が長くなったり、コストが増大したりすることを防止できます。

ヘッドフォンをして eラーニング コンテンツを利用する人

2. 企業向け eラーニング コンテンツ制作の効率化

コンテンツ制作は、企業向け eラーニングの取り組みにおいて非常に重要な段階です。また、人材の観点から、最も大きなコストがかかる要素の一つでもあります。生成系 AI ツールを利用することで、自動化を通じてコンテンツ制作を効率化し、人間による監督やレビューの必要性を最小限に抑えることができ、コストの大幅な削減につなげることができます。参考資料があれば、大規模言語モデル (LLM) では受講者にとってわかりやすく、一貫性のあるコンテンツを作成することができます。重要なのは、その速度が人間よりもはるかに速いことです。

AI は、次のようなコンテンツに対して魅力的な高品質の文章を生成することができます。

  • ブログ記事
  • エッセイ、読み物
  • 論説記事
  • ソーシャル メディアの投稿

AI は、対象の受講者に応じてコンテンツのトーン (語調) やレベルを調整できるため、コンテンツ制作のコストを削減できるだけでなく、ROI を向上させることが可能です。AI を利用することで、企業は込み入った内容の学術的なコンテンツを構築することも、教育的というよりも親しみやすいシンプルなコンテンツを作成することもできます。さまざまな受講者のペルソナに応じて、それぞれに魅力的なコンテンツを簡単に作成できるのです。(さらに AI を利用して、これまでの受講者の成績やスコアを分析し、より的を絞った、精度の高い受講者のペルソナを構築することも可能です。)

AI によってコストを削減し、コンテンツ制作の価値を高めることができる領域に翻訳とローカリゼーションがあります。企業内にさまざまな言語を話す従業員がいる場合、その人々が利用しやすい eラーニング コンテンツにすることでも ROI が向上します。AI は翻訳とローカリゼーションにおいてもその力を発揮し、人間の翻訳者だけを採用した場合よりも大幅な効率化が可能になります。このように、翻訳とローカリゼーションにかかるコストを大幅に削減できます。

AI は eラーニング コンテンツのアップデートに利用することもでき、これも ROI の向上とコスト削減につながります。効果の高い eラーニング コースとは、現在の組織のニーズにしっかりと応えるものを指します。新しい製品やサービスについて従業員に知ってもらう必要があったり、最新のコンプライアンス情報について研修を受けてもらう必要があったりするでしょう。AI を活用することで、迅速かつコスト効率よく eラーニング教材をアップデートしたり、新しい教材を作成したりできます。

eラーニングのアイコンが表示されたノートパソコンとマザーボード

3. 企業向け eラーニングの受講者の分析

受講者の分析は、eラーニング コースの ROI を向上させるうえで非常に効果的です。成功と失敗の全体像が描けていなければ、従業員の研修・教育の学習成果を向上させるのは困難です。

AI では、受講者について以下の点を掘り下げた分析が可能です。

  • ニーズ
  • 嗜好
  • 教材への関心の有無
  • 弱み
  • 能力
  • 成績

このような情報により、効果的な eラーニングのコンテンツ開発と提供が容易になります。また、コストを節約して、教材の設計と提供といった最も効果の高いところに予算を割り当てやすくなります。

AI の効果は一般的なレベルにとどまりません。特定の受講者やさまざまなタイプの受講者の受講状況に応じた教材のアップデートや、的を絞った教材の作成にも役立ちます。このような形で AI を応用することで、よりパーソナライズされた、効果的な学習課程をすべての受講者に提供できます。受講者を分析することで、学習時に困難を感じやすいポイントや付加的な教材、小テスト、講師のサポートが必要な箇所を明らかにできます。

最後に、AI が役立つもう一つの点として、受講者や講師に成績に関する詳細なデータを提供できることが挙げられます。受講者はこのデータを基に自律的に学習を進め、弱点を克服し、強みを伸ばして自信を付けることができます。講師は、受講者が苦労するポイントが早い段階でわかれば、受講者が付いて行けるように介入することができます。さらに AI では、対象トピックにおける受講者の習熟度を高めるために、詳細な推奨情報を提供することもできます。

お問い合わせ

企業向け eラーニング コンテンツの制作に関するサポートをお求めでしたら、ぜひ当社にご相談ください。当社では、言語や文化の異なる従業員への教育や研修に特化した包括的な eラーニング サービスと翻訳サービスを通じて、お客様の eラーニングに関するあらゆる課題に包括的かつ迅速、そしてシームレスにお応えいたします。教材の設計から制作、翻訳、ローカリゼーションまで、幅広いサービスをご用意してお待ちしております。ぜひお問い合わせください。

linkedin sharing button

執筆者
サマンサ キーフ、アビラージャ チョーダリー (eラーニング ソリューション アーキテクト)
  • #ai
  • #content_transformation
  • #generative-ai
  • #blog_posts
  • #technology
  • #content_creation
  • #translation_localization