ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
経営陣
ニュース
実績

言語を選択する:

一般向け要約の作成: 留意すべき 3 つのポイント

一般のオーディエンスと最も効果的にコミュニケーションを取る方法
臨床試験結果の要約を一般向けの表現で作成することは、ライフ サイエンスの専門家にとって複雑なプロセスになる場合があります。

科学者や医療分野のライターは、科学論文を発表することや、同じ知識、前提条件、専門用語、コミュニケーション スタイルを共有する同僚とコミュニケーションを取ることに熟達しており、専門知識を共有する画一的な医学コミュニティに閉じこもっているため、自分の成果を一般の人々に認識してもらうことを難しく感じる場合があります。そのため、高度に専門的な表現を一般読者向けに書き換えるという、新しい EU の規制に準拠することも、一つの課題と言えます。

一般の読者への効果的なコミュニケーションを担う科学者は、次の 3 つのポイントを押さえておく必要があります。

1. 対象読者について知る。臨床研究や医療用語に関する知識が一切ないと考えられる幅広い一般読者が、専門医療コミュニティ向けに書かれた科学コンテンツを理解できるようにするための方法を検討します。

2. 対象読者の知識レベルに合わせて表現する。ヘルス リテラシーおよびニューメラシーの原則に従って、コンテンツを一般の人々や臨床試験参加者の知識レベルに合わせます。

3. 結果の要約を現地の言語の明快な表現に翻訳する。言語学の知見を活用して、一般向け臨床試験結果要約の原語版から質の高い翻訳版を作成します。その際、原文の内容の意味、科学的妥当性、一貫性を犠牲にしたり、宣伝や偏見に相当する表現を無意識のうちに使用したりすることがないようにします。

これらを実践する方法について詳しくお知りになりたい方は、当社の新着ホワイトペーパー 『一般向け臨床試験結果要約の作成と翻訳の手引き』を今すぐダウンロードしてお読みください。

  • #life_sciences
  • #blog_posts

#ライフ サイエンス #翻訳 #規制コンテンツ


Pia Windelov
AUTHOR
Pia Windelov