ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
経営陣
インサイト
ニュース
インサイト
実績

ライオンブリッジの専門家は、お客様の業界とその課題を隅々まで理解しています。

ライフ サイエンス
銀行/金融
リテール
Eコマース
ゲーミング関連
自動車
消費財
テクノロジー
製造業
法務関連
旅行/ホスピタリティ

言語を選択する:

ローカリゼーション vs. 翻訳: その違いは? [Infographic]

翻訳、ローカリゼーション、トランスクリエーションはいずれも言語と文化にかかわるもので、企業、製品、サービスに関するメッセージを海外の消費者に伝えるためのものであり、企業や製品のグローバル展開においてはいずれも重要な要素です。とは言うものの、「それぞれの違いは何か?」、「グローバル化におけるそれぞれの役割は何か?」と聞かれると、なかなか答えられるものではありません。下の表は、3 つの違いと役割をわかりやすくまとめています。

このインフォグラフィックはこちらからダウンロードできます。

翻訳は一語一語を忠実に訳す「逐語的」なもので、ソース言語 (翻訳元の言語) とターゲット言語 (翻訳先の言語) のテキストが正確に一致する必要がある場合に利用されるサービスです。それに対し、ローカリゼーション サービスはより複雑なプロセスで、メッセージが効果的に伝わるように、対象となる文化に合わせてターゲット言語が調整されます。そしてトランスクリエーション サービスは、一貫したブランド イメージを維持しつつ、対象となる文化に合わせてメッセージ自体を調整したい場合に利用されるサービスです。「トランスクリエーション」は比較的新しい概念ですが、あらゆるものがつながるようになった今日の世界では、ブランドの構築に欠かせないサービスとなっています。

linkedin sharing button
  • #blog_posts
  • #translation_localization

Lionbridge
AUTHOR
Lionbridge