ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
経営陣
インサイト
ニュース
インサイト
実績

ライオンブリッジの専門家は、お客様の業界とその課題を隅々まで理解しています。

ライフ サイエンス
銀行/金融
リテール
Eコマース
Lionbridge Games
自動車
消費財
テクノロジー
製造業
法務関連
旅行/ホスピタリティ

ライオンブリッジの Lainguage Cloud を活用して、御社の包括的なローカリゼーションとコンテンツ制作をサポート

Lainguage Cloud™ Platform
接続性
翻訳コミュニティ
ワークフローのテクノロジー
Smairt Content™
Smairt MT™
Smairt Data™

言語を選択する:

Digital stream of information

Laⁱnguage Cloud™: 機械翻訳の現状

ライオンブリッジの次世代ローカリゼーション プラットフォームは、AI、自動化、機械翻訳、さらに最適な翻訳者を組み合わせることで、お客様のコンテンツに関するニーズに応えます。

海外でビジネスを成功させるには、最高水準の翻訳サービスが不可欠です。海外市場に効率的にアピールするには、Web サイトからカスタマー サービス用のデジタル チャットボットまで、あらゆる面で正確かつ高品質な翻訳が必要になります。

大量のコンテンツが次々に生み出され続ける中で、効率的かつ効果的に翻訳を進めるにはどうしたらよいでしょうか。機械翻訳 (MT) テクノロジーは改善の一途をたどっているため、さまざまな選択肢を活用しながら、スピード、品質、費用対効果の 3 つのニーズをうまく調整しましょう。
 

機械翻訳 vs. 翻訳者による翻訳

機械翻訳 (MT) を使用するとすばやい翻訳が可能ですが、翻訳者による翻訳 (HT) に備わる繊細なニュアンスや信頼性に欠ける場合があります。機械翻訳と翻訳者によるポストエディットの組み合わせ (MTPE) であれば、機械翻訳を単体で実施するより時間はかかるものの、より洗練されたプロフェッショナル レベルの翻訳に近い品質が得られます。ポストエディットとは、機械翻訳されたコンテンツにプロの翻訳者が改善を施す作業です。

機械翻訳されたコンテンツを改善すべきタイミングについては、幸いなことに、個々に判断する必要はなくなっています。Lionbridge Lainguage Cloud プラットフォームでは、最適なプロセスを自動的に選択できるため、あらゆるコンテンツをより適切かつ迅速に、より多くの言語にローカライズすることができます。

ただし、選択されるプロセスは最終的にカスタマー エクスペリエンス (CX) に影響を及ぼすため、次の点を確認してください。

  • 対象のオーディエンスにその母語以外で効果的にリーチできるか。 
  • オーディエンスの母語でターゲティングをしなくても問題はないか。コンテンツを作成しないことで最終的な利益に影響が及ぶか。
  • 対象のコンテンツはカスタマー エクスペリエンスに重要な要素であるか。それとも、最低限の翻訳で事足りるのか。

多言語コンテンツのニーズが拡大しており、プロによる翻訳の需要も高まっていますが、世界中の翻訳者の数は限られています。企業で MT の大規模な活用ができるようになれば、より多くのカスタマー ジャーニーを生みだせるようになり、ビジネスの成長につながるでしょう。Lainguage Cloud のような最新のローカリゼーション プラットフォームを導入することで、あらゆる言語、あらゆる市場で持続可能な成長を実現できます。

Digital flow of information

機械翻訳かコンテンツの改善か

Lainguage Cloud のメリットについて掘り下げる前に、「機械翻訳」と「機械翻訳 +コンテンツの改善」の違いを確認しましょう。

機械翻訳 (MT) は、原文を別の言語に自動的に翻訳する技術です。MT は近年、ソフトウェアとハードウェアの進歩により、速度と精度が飛躍的に向上しました。

統計モデルの構築、語句間の一般的な関連性をマッピングするニューラル機械翻訳 (NMT) システムなど、今やさまざまな方法でコンピューターに言語翻訳作業を解決することを「教え込む」ことができます

機械翻訳エンジンは 1 時間に数百万語を処理し、ある程度正確で実際に使用可能なレベルの翻訳を、ほぼすべての言語で生成することができます。つまり、より洗練された高速な処理をロボットが行えるようになってきているのです。

しかし、品質は向上しているものの、機械翻訳はまだ (その名のとおり) 機械による翻訳であることからは抜け出せていません。機械翻訳のシステムが洗練されてきたといっても、ニュアンスやトーン (語調)、皮肉、ユーモア、意味合いなどはまだ人間の理解度に到底及んでいないためです。機械翻訳を単体で実施した場合はトーンが人工的になり、メッセージが正しく伝えられない可能性があるので、お客様にはサービスの品質が低い、または信頼できないと思われてしまう可能性があります。

公開コンテンツの翻訳では、読みやすく、対象となる市場の文化的な文脈に自然になじむ翻訳を目指すべきです。質の高いローカライズ コンテンツを求めるなら、ネイティブ スピーカーに翻訳のレビューを依頼するのが投資効果の高い方法です。マーケティング エージェンシーに依頼し、お金をかけてキャンペーンを構築してマーケティング資料を制作したならば、その翻訳も完璧にしたいはずです。そこで、コンテンツの改善が必要になります。

「コンテンツの改善」とは、MT と従来型の人間による翻訳のハイブリッドな作業で、MT のプロセスに従って進められます。

最初に、ソフトウェアにより対象となる文章が迅速に一括処理され、初期翻訳が生成されます。初期翻訳が完了すると翻訳者がその文章をチェックし、正確性、明瞭性、流暢性、対象地域への適合性などの観点から、訳文を編集・校正します。つまり、機械による翻訳を人間がチェックすることで、より自然な翻訳に直していきます。

Fast-moving digital information

Lionbridge Lainguage Cloud: AI を活用したコンテンツ プラットフォーム

Lainguage Cloud では、AI や自動化のメリットを活かしながら最適な翻訳者のスキルを活用することで、ローカリゼーション プロセス全体を効率化しつつ、常に魅力的なコンテンツを生み出すことができます。このプラットフォームでは Smairt Data™ が活用されており、Smairt Content™ アルゴリズムによって得られるインサイトを活かして翻訳の工程全体を自動化します。これにより、コンテンツ制作を強化し、より多くの言語で品質とパフォーマンスを向上させることができます。

Lainguage Cloud によって次のようなことが可能になり、ローカリゼーション プロセスを強化できます。

  • コンテンツ制作に関するチーム間の摩擦の軽減
  • 翻訳納期の短縮
  • HT を価値の高いコンテンツに限定することによるコスト節減

さらに、上記に加えて最も重要なメリットとして、ローカリゼーションは専門家に任せて、お客様はお客様にしかできないこと、つまりお客様のオーディエンスに向けたオリジナル コンテンツの制作に注力できることが挙げられます。

Lionbridge Laⁱnguage Cloud™ の図

お客様に最適な翻訳サービス

それぞれの翻訳プロセスの基礎を理解した上で、お客様にとって最適なプロセスをどのように選ぶべきでしょうか。それぞれのプロセスの長所と短所を見ていきましょう。

 

機械翻訳

 

コンテンツの改善

「機械翻訳」と「機械翻訳 + コンテンツの改善」のどちらを選ぶべきかは、お客様のご予算、スケジュール、求める品質、翻訳対象の内容によります。業種や状況によって何を重視すべきかはさまざまであり、さらに時間の経過とともに状況や考えが変わることもあるため、何を選択すべきかを一概に決めることはできません。参考として、いくつかの事例をご紹介いたします。

 

機械翻訳を導入すべきケース コンテンツの改善を利用すべきケース

コンテンツの公開まで時間が迫っている

文化的な繊細さや相関性を考慮した翻訳が必要である

予算が限られている

医療、法律、機械など、専門知識が求められる分野である

(優先度の低い社内用メッセージなど) 概要が伝われば十分である

ユーザーの目に触れる頻度が高いコンテンツである (広告、製品の説明文など)

翻訳するボリュームが膨大である

コンテンツの改善は、ブログ、添付文書、使用マニュアル、Web サイト コンテンツなどに適しています。

機械翻訳は主に、チャットやサポート チケット、ユーザー生成コンテンツ (不特定多数による Q&A など、精度の高い翻訳が求められないコンテンツ) などに適しています。MT の最新情報については、ライオンブリッジの機械翻訳に関するソート リーダーシップのページをご覧ください。

重要度が高く、グローバル市場における自社のブランディングに影響するような、ユーザーの目に触れる機会の多いマテリアルに対しては、機械翻訳の単独実施はリスクが高いと言えます。スローガンやタイトルのように、創造性が求められるコピー文は、翻訳者の介入が望ましいと言えます。

結論

企業はこれまで以上に短期間で多言語のコンテンツを公開する必要に迫られています。とはいえ、ローカライズするコンテンツに優先順位を付けること自体が一つの課題になります。Lainguage Cloud を利用すれば、その判断の必要がなくなります。ほとんどのタスクの実行は MT に任せ、価値の高いコンテンツについてのみ人間の翻訳者に依頼することで、すべてをのコンテンツを適切にローカライズできます。

現在の問題は、HT を使用すべきか、MT または MT + コンテンツの改善を使用すべきかということではありません。コンテンツの目的やオーディエンスに応じて、両方をどのように活用すべきかということです。そこで大規模なローカリゼーションの管理が可能な最新のローカリゼーション プラットフォームが必要になり、それを利用することで、お客様はビジネスの成長を促進する優れたコンテンツの提供に集中できるようになります。

Lainguage Cloud では翻訳プロセスを自動化できるだけでなく、翻訳先であるターゲット言語や主題に応じた最適な翻訳者や編集者のマッチングも可能です。お客様は当社との連携を通じて、あらゆる市場で対象層の心を掴むキャッチコピーやマーケティング資料を制作し、優れたカスタマー エクスペリエンスを実現できるようになります。

Lainguage Cloud を利用した効率性の高い翻訳プロセスについてにご興味があれば、ぜひ当社までお問い合わせください

linkedin sharing button
  • #technology
  • #blog_posts
  • #translation_localization

ライオンブリッジ チーム
著者
ライオンブリッジ チーム