文化の違いによるコミュニケーション リスクを軽減する

翻訳の出来は細部に気を配れるかどうかで決まります

最終更新日: 3月 17, 2020 6:43午前

言語と文化を切り離して考えることはできません。多文化の顧客基盤に向けたコンテンツを設計するには、ローカライズしたさまざまな視覚的要素や文章がそれぞれの文化でどのように解釈されるかを慎重に検討する必要があります。コミュニケーションの文化的な違いによって、アイコンの色のように一見シンプルなものでさえ、ある文化では善意を、別の文化では不幸を表すことがあります。このような小さな事柄は見逃しやすいものですが、未知の市場においては御社のブランドを危険にさらすリスクをもたらすこともあります。

こうしたリスクを軽減する最善の方法は、さまざまな言語を話す人々のコミュニティを対象にローカリゼーションを行ってきた経験を持つパートナーを見つけ出すことです。ライオンブリッジは、話者人口の少ない「ロングテール」言語から「リンガ フランカ」とも呼ばれる通商語まで、世界 100 以上の市場に向けて 380 以上の言語で文化的なコンテンツの翻訳サービスを提供しています。お客様の貴重なコンテンツにおけるリスクを分析し、それを回避する方法を提示するのがライオンブリッジの仕事です。

 

コミュニケーションにおいて注意すべき文化的な違い

色はマーケターにとって最も重要なツールの 1 つです。正しく使用すれば、ブランドをサポートする強力でポジティブなツールとなりますが、ある文化ではプラスの要素につながる色でも、別の文化では逆の効果を持つ場合があります。アメリカやヨーロッパのユーザーにとって、多くの場合、白は光や純潔といった感覚をもたらします。しかし中国や韓国、その他のアジア諸国では、白は死と関連した色です。

テキストのレイアウト

テキストのレイアウト (ページ上でのテキストの書式) は、翻訳によって変化する可能性があります。たとえば、すべての言語が同じ方向で書かれるわけではありません。英語、フランス語、スペイン語などの言語は、ページの左から右に書かれています。しかし、アラビア語やヘブライ語は反対側から始まり、右から左に記述します。また日本語や中国語は上から下に書く習慣がありました。画像上で左から右に動く英語で書かれたテキストは、オリジナルのデザインにはぴったり当てはまるかもしれませんが、アラビア語に翻訳した場合、単語が画像上の人の顔を覆い隠したり、文字が画像や色とかち合って見栄えが悪くなったりする可能性があります。異なる文字を注意深くローカライズするといった一見小さな要素でも、ビジネスに大きな影響を与え兼ねないのです。

画像

コンテンツ内の画像が適切にローカライズされているようにすることが最も重要です。タトゥー (入れ墨)、衣服のスタイル、手の仕草は、特定のユーザー層を鼓舞する一方で、別のユーザー層を怒らせる可能性があります。たとえば、米国や英国では、親指を立てることはポジティブな肯定や、仕事がうまくいったことを知らせる友好的な仕草です。しかし、オーストラリアやギリシャ、アラブのユーザーにとっては、この一見無害なジェスチャーは、攻撃的で非常に不適切な意味を持ちます。

文化的な要素の翻訳においては、文化的な認識を高め、細部に徹底的に注意を払うことが重要です。

Person looking at tv screen in busy train station - representing a setting to avoid risks of cultural differences in communication

 

最適な言語サービス プロバイダー (LSP) の見つけ方

マーケティング コンテンツを制作する際は、色や文字、画像など、デザインのあらゆる要素がブランド ボイスに沿っており、そのブランドが持つ特性を確実に、かつ正しく表すよう、膨大な時間と努力を費やすものです。優れた LSP であれば、ローカリゼーションに関連する数々の課題を理解しており、お客様が取り組んできた細部にこだわるアプローチを同じように取り入れることができます。LSP の選定にあたっては、以下のような質問を考慮しておく必要があります

  • 候補の LSP は、当該市場を対象にローカリゼーションを行った経験があるか? その市場で御社のものに似た製品やサービスのローカリゼーションを行い、現地のオーディエンスから共感を得た経験があるか? そして、それに関連する資料や事例を提示できるか?
  • 候補の LSP は、対象市場の地域の文化を理解している翻訳者を現地から調達しているか?
  • 候補の LSP は、御社独自のブランド ボイスをきちんと捉えるために、用語集やスタイルガイド、用語データベースを作成して維持・管理する能力を備えているか?

 

御社のパートナーとしてライオンブリッジを選ぶべき理由

ライオンブリッジでは、ケースごとの特殊性にかかわらず、文化的な翻訳に関連したリスクを軽減するための専門知識とプロセスを持ち合わせています。

  • 数百もの言語、地域、文化向けにローカリゼーションを行ってきた 20 年以上もの経験と実績。当社のお客様には、長年の経験から蓄積された当社の専門知識とスキルをフル活用していただけます。
  • 当社の優秀な言語専門家のチームによる文化的なローカリゼーション サービスを通して、対象の地域に適したコンテンツの制作をお手伝いいたします。
  • 現地の支社やパートナーと連携して翻訳メモリと用語集を作成することで、言語の正確性と文化的な妥当性をチェックするコンテンツ レビューの効率化を図ります。

 

結果

コンテンツを異なる文化に向けてローカライズする場合は細心の注意が必要です。 使用する色やテキストのレイアウト、画像を対象の文化に合わせて適切に選ぶことができれば、多文化企業としての御社の評判も高まります。コミュニケーションにおける文化の違いによるリスクを回避することは、誇張してもし過ぎることはないほどに重要です。ライオンブリッジでは、お客様が意図したとおりのメッセージをお客様の顧客にお届けするお手伝いをいたします。

 

ご相談ください

ライオンブリッジの言語専門家にぜひお問い合わせください

#文化的な翻訳 #文化的な違い #翻訳とローカリゼーション #言語サービス プロバイダー

著者
Sophia Eakins and Kajetan Malinowski