翻訳、ローカリゼーション、トランスクリエーション: いつ、何が必要か

コミュニケーションにおける御社のニーズに最適なのはどの言語サービスでしょうか?

最終更新日: 2月 25, 2020 8:05午前

翻訳、ローカリゼーション、トランスクリエーションはいずれも異なる文化間のコミュニケーションを支援ツールと捉えることができますが、その内容はそれぞれ異なります。

では、新規市場に御社のメッセージを配信する上で、どの言語サービスが適切であるかどのように判断すべきでしょうか? まずは、全体的な正確性に関する目標を考えましょう。原文に忠実な翻訳、または感情的なつながりを重視した翻訳、あるいはその両方の組み合わせを希望しますか?

翻訳とは、ソース言語 (原文) に忠実に従い、内容を一語一語正確にターゲット言語 (訳文) に置き換えるプロセスです。ローカリゼーションにはその性質上、翻訳も含まれますが、言語的かつ文化的な繊細なニュアンスを取り入れるために、翻訳した内容を調整して語句や表現をターゲット言語にさらになじませる作業も含まれます。トランスクリエーションはこれら 3 つの中で最も新しい用語であり、文字上の一言一句の正確な翻訳でなく、原文の内容が意図する「雰囲気」を言語の壁を超えて伝えることに重点を置きます。

御社に最適なサービスはどれでしょうか? 御社のニーズを特定するにあたり、以下の表を参考にしてください。御社のニーズに合った言語サービスについて見当が付いたら、こちらから今すぐ当社までお問い合わせください。

Translation, localization, transcreation: which language service is right for my business?

 

#lionbridge #トランスクリエーション #ローカリゼーション #翻訳

著者
エイプリル M. クレハン