ライオンブリッジの誇りは社員です。20 年以上にわたって、企業が顧客の心に響くメッセージを発信できるよう支援しています。

ライオンブリッジについて
経営陣
ニュース
実績

言語を選択する:

通訳と翻訳、5 つの大きな違い

通訳サービスと翻訳サービスの違い、そして御社のニーズに合ったサービスの選び方


グローバルなビジネス展開を成功させるには、世界各地のオーディエンスに対し、各地の現地企業と同じように、現地文化に適合しながらも独自性のあるメッセージを届けることが重要です。御社のコンテンツを現地の言語で提供し、現地の対象顧客層から共感を得るには、通訳翻訳のいずれか、さらには両方が必要となる場合も多くあります。御社に適したサービスの選び方をご紹介します。

通訳と翻訳


翻訳と通訳はどちらも言語に関する作業であるため、混同されることが少なくありません。確かに、文化的・言語的な理解の深さ、話の内容に関する専門知識、そして明確に伝える力が要求されるという意味では多くの共通点がありますが、サービス提供の手段とスキルについては大きく異なります。話された言葉を聞いて口頭で別の言語に言い換えるのが通訳者、書かれた言葉を読んで別の言語に書き換えるのが翻訳者。この 2 つの間には、やはり決定的な違いがあるのです。

お客様にとって必要なサービスを選ぶ際には、通訳と翻訳の区別をはっきり認識していただくことが大切です。

通訳


通訳は即時性のあるサービスです。同時通訳と逐次通訳のいずれの場合も、他言語に言い換えて伝える作業をリアルタイムで行います。ソース言語 (通訳元の言語) が聞こえてから台本、辞書、参考文献などを調べている時間はありません。プロの通訳者は、ソース言語の文脈に沿った意味を維持したまま、慣用表現、口語表現、独特の文化的背景などを踏まえて、ターゲット言語 (通訳先の言語) のオーディエンスに伝わる言葉への言い換えを行います。その際に通訳者が利用できるのは、蓄積された経験、優れた記憶力、反射神経の機敏さだけです。

通訳者は、会議やミーティング、医療予約、法的手続き、テレビの生中継、手話など、いわば「即時的な翻訳」が必要とされるプロジェクトに従事します。

翻訳


一方、プロの翻訳者が担当する仕事には、コンピューターによる各種支援ツールが使われるのが一般的です。これこそ翻訳と通訳の最大の違いと言えるかもしれません。具体的な作業は、コンテンツの原文ファイルを作業しやすいファイル形式 (RTF など) に変換する処理、そのツールで訳されたことがある箇所に翻訳メモリ (TM) の訳文を自動適用する処理、未翻訳部分を新規に翻訳する処理などの手順を踏んで進められます。翻訳者は、確実に良質な訳文をお届けするために、通常、用語集やスタイル ガイドを参照しながら原文を少しずつ訳していきます。そうして作成された訳文は、別の翻訳者による校正作業を経て確定され、さらに元の文書ファイルとできるだけ同じ形式に戻す整形作業によって仕上げられます。

翻訳者は、Web サイト、印刷物、動画の字幕、ソフトウェア、マルチメディアなど、さまざまな形の「書かれた」言語を翻訳する作業に従事します。

どちらのサービスが必要か?


このように、実は、通訳と翻訳には非常に大きな違いがあります。お客様の具体的なプロジェクトに関して、どちらのサービスが適しているかを判断する際のポイントは、以下の 5 つにまとめることができます。

通訳と翻訳、5 つの大きな違い


1.元の情報形式は音声か、それとも文書か


通訳には、通訳した文章を読み上げて、必要に応じて意味を口頭で説明する作業が含まれます。一方、翻訳とは、書かれた言葉を別の言語で書き直す作業です。

2.サービス提供の形態


翻訳と通訳では、訳した結果を提供するタイミングが大きく異なります。通訳作業は即時的に行われ、対面、電話、映像といった形式の違いはあるものの、ほぼタイムラグなしに結果が提供されます。それに対し翻訳作業は、結果が提供されるタイミングが、原文テキストの作成時点よりずっと後になるのが一般的です。この時間差を利用して、翻訳者はテクノロジーを駆使し、資料を参照しながら、正確で高品質な訳文を作り上げます。

3.正確さ


通訳サービスに求められる言語的な精度は、翻訳に比べると必ずしも高くありません。もちろん通訳者は完璧な仕事を目指しますが、即時性が要求される中で実際に完全な訳を伝えることは非常に難しいため、情報の一部を省略する場合などがあります。一方、翻訳作業は時間をかけて行われ、編集・校正やレビューの工程もあるため、正確さを確保しやすいと言えます。

4.コミュニケーションの方向性


通訳者は 2 つの言語の間で双方向のサービスを即座に提供する必要があり、参考文献を調べる時間は与えられないため、ソース言語とターゲット言語の両方に堪能であることが求められます。それに対し、プロの翻訳者は一方向のサービスのみを提供するのが一般的です。多くの翻訳者は、自分の母語をターゲット言語としています。

5.言語化されない情報

隠喩、たとえ話、慣用表現のニュアンスをどのようにして的確なターゲット言語で伝えるかは、通訳者、翻訳者の両方にとって難しい課題です。その上通訳者は、口調、抑揚、声色など、話し言葉に特有の要素を読み取ってオーディエンスに伝えなければなりません。

以上、翻訳と通訳の大まかな違いをご理解いただけたことと思います。より具体的な要件に応じて、それぞれのサービスをご検討ください。たとえば、技術的に高度な内容や、オーディエンスを絞り込んだニッチな話題への対応が必要でしょうか? 通訳者も翻訳者も、言語に関して優れた能力を持つ点では同じです。それぞれのプロジェクトに適したスキルと知識を持つプロフェッショナルを選定するよう言語サービス プロバイダー (LSP) に依頼しましょう。翻訳・通訳サービスの詳細と、お客様のニーズに合ったサービスの提供について、詳しくはこちらをご覧ください

  • #blog_posts
  • #translation_localization

#ローカリゼーション #翻訳 #言語 #話し言葉 #通訳


Lionbridge
AUTHOR
Lionbridge